読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2017/4/21 △ vs 横浜DeNAベイスターズ 1-1

7回表の先頭打者・大島がいきなり三塁打、続く平田が四球を選んで無死一三塁という絶好のチャンス。

しかし私ゃ、平田が四球になってしまった時点で、「どうやって得点するんや?」と思ってましたのよね(苦笑)。

ビシエドゲレーロは「それ」と、球種もコースも分かっていてたしても、バットに当てることができん打者であり、ウィーランドとの力量差を考えれば両者とも三振が予想できました。

得点できるとすれば、まだミートする能力がマシな藤井が内野ゴロか犠飛を打つか、両外国人がマグレでバットに当てるか、そのどちらか「しか」ありまへんでした。

昨夜やっとホームランを打ったビシエドやけど、危惧していた通り内角高めへのストレートにはバットが空を切るばかりで、予想通りやっぱり空振り三振。

唯一わずかに期待してた藤井は、初球でセーフティ・スクイズなんつー凝ったことをやらされて失敗、最後までストレートに差し込まれて結局は見逃し三振。

そんでゲレーロは苦手の高めストレートを何とかファールし続けたものの、ストレート一本狙いのところにカーブでタイミングを外されて見逃し三振。

予想通りに三者連続三振という、殺意の湧きそうな結果で絶好のチャンスをフイにしてしまいました。

とにかく大島と平田でしか得点できんのが厳しいね。

投手がこんだけ頑張っても勝てんとは、行き過ぎてしんどいわ。

 

敗戦必至の9回二死走者なしのカウント1-2から、平田が起死回生の同点弾を放って地獄から救われましたが、それが精一杯の試合でした。

(平田の方は私の危惧をモノともせず、高めも捌いて見せましたんで、ホンモノになってくれるかも知れまへん)

とにかく二人がスーパーな活躍をしてくれてるから、最低限の得点はできてるけど、それが止まったらと思うと恐ろしい。

そしてもう一つ、現在のチームがもっとも必要としているはずの福田を、合流させながら一軍登録しないというベンチのナゾの対応は、私のようなシロウトファンには理解できんのやけど、誰か私にワケを教えててもらえんやろか。

それがチームに残された、数少ない打線の強化の策なんやけどなぁ。

 

二度目の先発の又吉が今日も好投して、7回2/3を2失点(自責1)と十分以上に役割を果たしてくれました。

これでローテーションに固定しても、軸として活躍できることを証明したと言えますわ。

ただし気になるのは、先発した二回とも3回あたりまで調子が上がらず、球数を要していること。

中盤から調子が上がってくるんやけど、球数が嵩んでるため完投ペースでは投げられないのよね。

このへんは改善の余地ありやと思いますんで、エースへの道として努力してもらいたいですわ。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/