関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2020/7/12 ● vs 広島東洋カープ 2-7

 

与田体制になって以来、そのベンチワークに疑問を感じて、モヤモヤを抱えたままの日々なのよね。

素人の考えが及ばん何かがあるのかも知れんけど、それでも今日もまさにそういうゲームやったかなぁ(苦笑)。

今季は若いメンツが育ってきて、楽しみなシーズンやと期待してたんやけど、首脳陣があんな感じで不思議采配を繰り返してくれるなら、それも無理かも知れまへん。

そりゃ、プロが考えるような妙案を、私のような素人がすべて理解できるわけもないんでしょうが、それにしたって不思議するのよねぇ…。

今日の場合、何故5番がキノタクなのか、梅津の7回続投は何故なのか、そしてその7回に二三塁で鈴木誠と勝負したのは何故なのか。

それぞれ首脳陣には意図はあったんでしょうが、見てるこっち側としてそれに高い勝算があるとは思えんのよね。

 

 

キノタクはカード初戦で貴重なタイムリーは打ったし、開幕からヒットも出ていて打率は高い。

昨季までのバットが役に立たん選手というイメージからは、確かに成長は見られるように思います。

しかし今までスタメンでは、ほぼ8番に固定されてきた選手を、だからと言っていきなり5番というのはちょっと…。

8番と5番では、奴自身のメンタルも相手チームのマークも、まったく違うものになりますわ。

そりゃ、キノタク自身にとってもキツいんやないのん?

結局、奴でチャンスを二度潰したけど、それは結果論やなく自明の理やね。

 

 

そんで梅津は6回のピンチで全力を尽くし、何とか無失点で切り抜けました。

ここまでで奴の投球数は114を要しており、6回に力を出し尽くしたことを考えれば、個人的にこれでお役御免やと思ったんやけどね。

奴へのエース教育なのか、それともリリーフの消耗を嫌ったのか、それとも梅津にまだまだ力があると感じたのか分からんけど、案の定7回にはいきなり連打を食らって大ピンチ。

ピンチを迎えると結局、梅津はマウンドから降ろされ、リリーフを使うことになったと思ったら、その祖父江も打たれてジ・エンド。

勝機は失うわ、梅津は消耗させるわ、リリーフはムダに使うわ、何かええことあったんか?

 

 

そんでその7回に、1点を失ってなお一死二三塁とピンチが続き、迎えた打者は4番の鈴木誠也

5番が鈍足の松山やということを考えれば、空いた一塁を埋めてゲッツー狙いやと思ったんやけどなぁ。

何で正直に鈴木誠と勝負したんやろか。

これも分からんなぁ。

不思議や。

 

 

一方で、石川昴が初スタメンで初打席初安打。

難しいボールをファールにせず、フェアゾーンに落としたのは高等技術やと思いました。

残りの3打席はすべて三振に終わりましたが、その内容には見るべきものもあり、一軍のボールへのアジャストは遠い未来ではないように見えました。

奴を昇格させてスタメンで起用したというのは、数少ない首脳陣の功績やと思います。

それだけに継続して起用してやって欲しいと、強く願うだけですわ。

次は頑張れ。

 

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」 

http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2020/7/11 ● vs 広島東洋カープ 4-19

19失点はナゴドのワースト記録やて。

今日はプライベートでイベントがあり、長距離移動してましたんで、Yahoo!アプリでの経過チェックをしてたんやけど、3回のカープの攻撃は地獄のような時間帯でしたな(苦笑)。

そんで普通ならあんな得点差になれば、相手も集中力を欠いてイニングを消化するだけになるはずなんやけど、さらに大量失点を繰り返すとはねぇ…。

ちょっと考えられんような、ミジメなゲームになってしまいました。

しかも打線の核である周平がハムストリングを故障して、約一ヶ月ほどの離脱になったらしく、チームにとっても大打撃です。

堂上も離脱してるなか、阿部や溝脇も石川駿を使いまわすしかありまへんが、さて二軍からの補充はどうなるやろか。

石川昴や根尾、高松あたりの抜擢は…

やっぱりまだ早いか(苦笑)。

 

 

吉見の代役に勝野を選択したのは理解できます。

エスタンで一番安定した投球をしてたんやから、一番先にチャンスが与えられるべきでしょう。

そのちゃんと資格あるウエスタン一番手が、こうも無残に打ち込まれたとなれば、今のウエスタンには有望株はおらんということなんやろか。

個人的には人材の頭数は足りてるはずやと、開幕前には考えてたんやけど、実はそうでもなかったとなれば、かなり衝撃的な事態なんやけどね。

おそらく現在の勝野にはセカンドチャンスはないでしょうが、その代わりをどうするべきか。

首脳陣は頭が痛いやろな。

 

 

それにしても、今日もその首脳陣のベンチワークに、疑問符が付く場面がありましたわ。

3回に勝野がゲームをコントロールできなくなると、首脳陣は大ピンチで三ツ間を起用しました。

まだ3点のビハインドで、このピンチをどう処理できるかによって、まだ勝機はあるゲームやったんやけど、個人的にはここでの三ツ間の起用は理解できまへんでした。

今季の奴は4試合に登板して、失点はそれぞれ4点、0点、3点、3点とまったく結果を残しておらず、一軍で投げさせる資格があるのかどうか微妙な立ち位置やったのを、まだ勝機が残った場面でその奴を起用して、さらにはアウトを取れなくてもそれを放置して、序盤でゲームをぶっ壊したのは何なんやろ。

もっと言えば柳の代役は松葉らしいけど、奴も二軍で結果を残しておらず、まだ同じ左腕でも笠原の方が数字はええんやけどね。

そういう首脳陣による人選の意図が理解できんのが、個人的にはモヤモヤしますわ。

選手たちが理解できてるなら問題ないけど、まさかそうでないわけはないよな…?

 

★追加情報

 ニッカン情報では石川昴が昇格とのこと!

 頑張って欲しいね。 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」 

http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2020/7/10 ○ vs 広島東洋カープ 3-2x

 

観客がスタンドに帰ってきたファーストゲームで、負けゲームを鮮やかにひっくり返すサヨナラ勝ち。

8回までは完璧に負けゲームやったんで、負けゲーム用の記事を考えてたんやけど、頼りになる本物の4番打者が決めてくれました。

その前にはキノタクによる二死からのタイムリーや、9回先頭の井領がヒットで出塁するなど、バイプレーヤーの頑張りもあったことは忘れたらあきまへんな。

『代打・三ツ間事件』からチームの状態は悪化してきましたが、これで何とかそれも払しょくできるやろか。

まだまだローテーションが不安定で、一気に勝っていけるとは思えまへんが、これを契機に反転攻勢に入ってもらいたいね。

明日は一年ぶりの今季初先発となる勝野やけど、何とか奴に勝ちを付けられるよう皆で頑張れ。

 

 

大野雄は7イニングを103球、4安打、6三振の2失点と、数字的には十分合格点やね。

しかしゲーム展開を重たくして、ヘタすりゃ奴自身が敗戦投手になってたのは、それこそ「ザ・大野雄」という投球やったからですわ。

「先に失点しないこと」、「得点の後に失点しないこと」、「二死走者なしで長打を食らわないこと」、こうした勝利のための定石をほとんど守れんのやから。

プロ入り以来ずっとこのへんは成長せず。

イニングは食えるし防御率もいい、素晴らしい投手のはずやのに勝てん。

だから毎年勝ちと負けが拮抗する、それが奴という投手ですわ。

今季FA権取ってドラから巣立ったとして、貯金を作れる投手になれるのかどうか、個人的にはそれが見ものやね。

まぁ、最多勝は高確率で獲れんと思ってますが、力量的にはもったいないわな(苦笑)。

とりあえず今季たくさん勝って見せてくれや。

 

 

大瀬良が左打者への被打率が悪いってことで、スタメンに左を並べましたが、あんまりコロコロとメンバーは代えるべきやないと思うんやけどな。

ベテランは「俺を信用してないのか」と感じてモチベーションを落とすし、若手は若手で「いつ代えられるか分からない」ってことで焦ってしまう。

どっちにしても選手のメンタルにいい影響はないんやから、ちっとは落ち着けんもんかな。

せっかく若手をスタメン起用しても、平気で二打席で終わりにしたり、ちょっとゴチャゴチャ動きすぎですわ。

ルーキー監督はよく動くという傾向がありますが、さすがにもう二年目なんやからドッしりとベンチに座ってて欲しいもんやね。

 

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」 

http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2020/7/9 ● vs 東京ヤクルトスワローズ 6-8

 

ゲーム前に柳の離脱というニュースが入ってきました。

不安定なローテーションの中で、大野雄と梅津、そして奴くらいしか計算ができん状況で、その奴の離脱は非常に痛いね。

吉見が降格して勝野と入れ替わるところまでは確定やけど、柳の代わりはどうするんやろね。

まぁ、代わりはおらんわけやないから、しっかり代わりの投手がチャンスをモノにしてくれたらええんやけど。

先発投手陣が火の車なんで、早く安定してイニングを食ってくれる投手が出てきて欲しい。

それはいったい誰なんや?

 

 

岡田がクローザーに選ばれたのは、修羅場でも冷静で安定してるからやなかったかな。

それがこの三連戦では、その肝心の制球が乱れて、奴が二つもゲームをぶっ壊してしまいました。

そもそも論としてチームの勢いにブレーキをかけたのは、一番は首脳陣に責任があるんやけど、それでも奴の乱調を見逃すわけにはいきまへんな。

個人的には配置転換が必要やと思ってますが、代役はRマルチネスではなく、現在もっとも安定感がある福にすべきやと思います。

さて明日からのカードで、リリーフ陣の起用はどうなるやろね。

 

 

スタメン捕手はキノタクとAマルチネスが併用されてますな。

前日、Aマルチネスが活躍しても、今日のスタメンはキノタクでした。

投手によっては特定の捕手を指名することもあり、総合的にキノタクが捕手として一番手ということかも知れんけど、抑えの場面で捕手として使えるくらいなら、もう捕手はAマルチネスに固定すべきやないかな。

得点力が欠けるドラ打線において、局面を動かせる奴のバットは不可欠になってきたと思います。

捕手としての奴に決定的な難点がないなら、その方向で考えてもらいたいわ。

(奴はセンター中心に無茶振りせず打ち返す打撃なんで、あれはかなり数字を残すでしょう)

 

 

あと若い選手を二打席で代えたり、フラフラでも致命傷を負っていない先発投手を前半で代えたりは、長い目で見てチームのためにならんので止めてもらいたい。

ちったぁガマンというものを覚えてくれや。

 

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」 

http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2020/7/8 △ vs 東京ヤクルトスワローズ 5-5  

 

まだ昨夜のダメージが今日も残ってます。

そんで恥ずかしながらノーチェックやったんやけど、昨日は選手枠を一つ余らせてたらしいね。

選手の無駄遣いだけやなく、そういう勝負をナメた姿勢が、敗戦という結果になって表れたんでしょう。

昨季はまだ監督一年生やということで、何とか目を瞑ってきたものの、今季もこういう恥ずかしい姿を見せるっつーのは、今季の成績いかんに関わらず退陣すべきでしょう。

ホンマに二度とああいうゲームは見せんといてくれ。

 

 

3点先行して今日は優位にゲームを展開できるかと思ったら、先発の山本があっという間に同じだけ放銃。

さらに2点リードして今度こそ勝ちゲームにしたかったのが、またもあっさり同点にされてしまいました。

奴自らもTV解説の川上憲伸氏もコメントしてたように、イレ込み過ぎというか、余裕がないというか、立ち上がりから一本調子に一生懸命投げ続け過ぎましたな。

力み返ってポールをストライクゾーンに収めることができず、苦しい投球に終始してしまいました。

奴のボールそのものには光るモノがあるけど、それを生かすことができてまへん。

開幕から三度目の先発やけど、同じことを繰り返してるのは、いかに若いとは言え学びがなさ過ぎますわ。

内容が良くないだけに次のチャンスがあるか微妙やけど、次こそ成長したところを見せてもらいたいね。

 

 

捕手の起用は投手との兼ね合いがありますんで、Aマルチネスを使うとスタメンの得点力が格段に上がりますな。

平田を起用せずに8番に遠藤を使えるというのは、かなり厚みを感じますわ。

一方で開幕直後は快調に打ってた大島が、打順を変えられた途端にバットが湿ってしまい、阿部もスタメン落ちを経験するなど調子が上がりまへん。

ビシエドと周平が機能してますんで、その周囲の連中に頑張ってもらわんと、打線が「線」になりまへん。

早めに復調してもらいたいですな。

 

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」 

http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2020/7/7 ● vs 東京ヤクルトスワローズ 1-2  

 

岡田の乱調について書くべきかなぁ…なんて思ってたら、最後の最後であんなコメディが待ってるとは思わなんだ(苦笑)。

今季の特別ルールが10回終了ってことで、早め早めに手を打っていくのは定石ではあるけど、最後の攻撃前に野手を使い切るっつーのは分からんわ。

少なくともAマルチネスを交代させなけりゃ、最後に加藤が代打に残せたやん?

(三ツ間と加藤でどっちが上かは置いといて)

最後に決定機を迎えたところで、代打に投手を出さなあかんという恥辱は、ファンにとってダメージがデカ過ぎるで…。

この首脳陣がスタートした昨季から、ゲームの各局面における采配に、プロの凄みを感じたことはほとんどありまへん。

むしろ「そこで???」という疑問符ばかりが浮かぶんやけどな。

こんなテレビゲームで素人が見せるような采配、二度と見たくないわ。

ホンマに勘弁して。

 

 

岡田はどうしたんやろね。

登板してから制球が定まらず、加藤もそれを上手くリードできずに、どんどん窮屈で偏ったリードになってしまいました。

Rマルチネスもそうなんやけど、ドラのリリーフ陣は昨季から防御率こそ悪くないけど、ホンマに消耗するような厳しいクロスゲームでは安定した投球はできまへん。

それぞれの投げる力量は間違いないけど、メンタルを含めた総合的な投手としては、まだまだ一級品とは言えまへん。

本来なら藤嶋が一番適役やと個人的には思うんやけど、その奴が調子が上がらず開幕二軍というのは誤算でした。

早く今季の継投パターンを確立してもらいたいなぁ。

 

 

柳は頑張ったと思います。

しかしナゴドでこんだけ粘らなあかんとなれば、アウェイでは炎上してもおかしくないのと違うか。

一つ間違えば吉見と同じ結果になりかねんので、もう少し調子を上げて欲しいね。

 

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」 

http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2020/7/5 ○ vs 読売ジャイアンツ 6-4  

 

今日もプライベートでのイベントで、生TV観戦は叶わず。

新幹線の席上でYahoo!アプリをチェックしながら、ずっと午後は移動してたんやけど、楽勝パターンになるはずの展開がギリギリになってしまうあたり、やっぱり弱いチームの野球ですな。

最後は自動車で高速道路を走行してましたんで、経過をチェックできずにハラハラしてましたわ。

しかし3タテを覚悟してたカードを、1勝2敗で乗り切れたことだけは良しとしましょうか。

次はナゴドでスワローズとのカードやけど、裏ローテが奴らの打線を抑えてくれることを期待します。

頑張ってや。

 

 

梅津が投げるゲームを落とさなかったのは、悪くなかったかな。

しかし奴自身にトラブルもあったらしいけど、先に3点ももらっておきながら、あんなにフラフラして逃げ切りに必死なゲームにしてしまったのは、十分反省してもらわんとね。

神宮での奴の初戦で勝って以来、なかなかビシッと抑えるところを見せてもらってないけど、いかに読売相手とはいえ、早く圧倒するところを見たいもんです。

次は頼むで。

 

 

今日もベンチは打線を弄ってきましたが、今回についてはそれが機能しましたな。

溝脇は今季初のスタメンで決定機にタイムリー、そしてAマルチネスも初スタメンでいきなり3安打。

この結果は相手投手の力量にも左右されますが、それでも無視できるものではありまへん。

新たなチームのピースになってくれそうやね。

また最近のシーズンでは中距離打者のイメージになってたビシエドも、今日は決定的な活躍で2ホーマー。

奴はダウンスイングで打球にスピンをかけて飛ばすタイプやけど、従来より角度が出るようになったんやろか。

今後も注目していきたいと思います。

 

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」 

http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/