読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2016/11/6 FA戦線終了

個人的には流出ほぼ間違いなしと思ってた大島と平田が、それぞれ残留を決意して複数年契約を結びました。

落合GM体制においてのドラは、超緊縮財政のもとで選手の総年俸を劇的に削減し、「マネーゲームはしない」という大原則のもとで、どんなに選手が不満歩漏らしても提示額は変えず。

どんなにゴネても金額は変わらないとして、選手が折れるのを待つ年俸交渉を重ねてきました。

(選手個々の年俸にチームの順位を反映させるのは、個人的には最悪のヤリ口やと思ってます)

その球団の姿勢に対して、もっとも抵抗を示してきたのがこの両名であり、球団側の姿勢が変わらん限り流出は不可避やと信じてたんやけどね。

それが二人とも満足げな表情を見せて残留会見をしたということは、それなりに連中が納得できる条件提示があったということなんでしょう。

それは少なくとも今回の連中に対しては、球団が姿勢を変えたということなんでしょう。

ドラでは久しぶりに、選手が球団にパワーゲームで勝ったんやね。

 

それにしても、個人的な思いを書かせてもらうなら、FA制は大嫌いなんですわ。

憎いと言ってもええ。

入団時の半人前の頃から徐々に頭角を表し、主軸となってチームに貢献するようになる過程をファンとして思いを重ねて見守ってきたのが、ある日カネか夢か分からん理由で一方的に断ち切られるのは非常にツラい。

もちろん雇用関係において弱い立場にある選手たちにとっては、絶対に必要な切り札であることは理性では理解できるけど、それでも私ゃ感情では納得できんのよ。

気持ち悪い言い方やけど、選手や球団とはハートで繋がっていたい。

だからドラへの愛を語って引退した和田には感謝したし(入団時にはその愛のコメントがリップサービスやと思ってた)、カープ黒田の復帰が眩しかった。

(和田は違うけど)一つの球団で野球人生を終えて、最後までファンの愛情を受けられるフランチャイズ・プレーヤー。

そこにもっと価値を見出して欲しいと、個人のエゴを書いておきます。

いったんFA移籍してしまうと、それは傭兵生活を選択したということであり、愛とはかなり縁遠いものになってしまうのは、私だけが感じてることではないと思いますわ。

 

正直、大島と平田の残留はめちゃくちゃ嬉しい。

願わくば、このままハートで連中と繋がっていたいと、心からそう思います。

今後、権利を取得していくであろう堂上や大野なんかの連中も、我々と繋がっていて欲しいですわ。

ドラゴンズを頼む。

 

 

 

親サイト:「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/