読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2017/5/10 ● vs 横浜DeNAベイスターズ 1-3

 

それにしても、各チームともローテーションが苦しくなると、谷間をすぐにドラ戦に持ってきますなぁ。

そこで登板してくる実績のない若手投手をボコって、しっかり勝てたらドラもナメられんのに、そういう投手のほとんどに気前よく白星を提供してしまうんやから情けない。

いや、今季は何から何まですべて情けないんやけど、こう何度も見せられるとウンザリしますわ。

まぁ、最近はそういうのがドラのデフォなんやけどね。

とにかく他チームからナメられてる、見下されてるという事実を、もっとドラがチーム全体で噛みしめてもらいたい。

屈辱感を強く抱いて、次は絶対に叩くと堅く決意して戦ってほしいね。

 

小笠原には期待してたんやけどねぇ…。

前回のリリーフ登板と同様に、ボールが高めに抜けて修正できまへんでした。

筒香に打たれたホームランなんて高めに浮いたストレートを叩かれ、あの角度ではオーバーフェンスはないと思ってたら、右中間スタンドに突き刺されたという見事な当たりをされてしまいました。

また常にボールが抜け気味だったために、制球が安定せずに球数が増えて、5イニングで104球も要してしまいました。

これでは長いイニングは投げられまへんな。

もう一つ言えば、配球にも都合があったのかも知れんけど、下位打線にわざわざチェンジアップを多投してピンチを招き、痛い先制の2点を失いましたが、力押しでいい相手だっただけにもったいなかったね。

次は今回の登板を教訓にして、絶対に勝ってもらいたい。

 

伊藤準規は昇格後のリリーフ登板で好投を続けてましたが、今日は2イニング目に以前の奴に戻って四球を連発。

四球を四つも与えながら無失点という、マジックのような投球になってしまいました。

とくに走者を許した途端に乱れることが多く、ここで大量失点してもおかしくありまへんでしたわ。

しかし、ここで首脳陣が奴を降板させなかったことを評価します。

こんな不安定になった時に、何とか抑えたという結果があれば、奴の自信にもなるし修正にも繋がる。

結果オーライでも無失点で乗り切ったことが、今後の奴に生かされることを期待したいね。

また奴についても付け加えると、せっかく筒香と勝負することになったのに、変化球ばかり投げるというのはどうなんやろ。

奴の投球はあくまでストレートが軸なんやから、一番いいボールをどう生かすかという視点で、配球を組み立てるべきやなかったかな。

結局、四球を与えたというのは、そういう配球のために戦えなかったということやないかと思います。

(最初からカウントによって歩かせろと言われてたなら、なおさら)

 

 

昨夜でとうとう初勝利した鈴木翔太やけど、胸椎ヘルニアを患ってるんやね。

台湾ウィンターリーグでも再発してたらしいけど、ひょっとすると奴の投手生命に大きく影を差すことになるかも知れまへんな。

うまく故障と付き合っていけるとええけどなぁ…。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/