読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2016/11/21 ドラフト4位・笠原 祥太郎(新潟医療福祉大)

 

177cm/85kg/左投左打/最速147km

新興の関甲新学生野球連盟に参加してる新設校で、大学日本代表候補にまで上り詰めた有望株であり、平均140km前後のストレートと、キレ味鋭いカットボールを武器として、高い奪三振率を誇るサウスポー。

一部では上位指名候補という声もあったみたいやけど、結果としては4位まで残っていたため、ドラとしてはこれをラッキーとして指名権を獲得しました。

日本人の有力な左腕が不足なだけに、彼が戦力になってくれるなら、チームにとっては非常に大きな存在になるやろね。

さて彼にそのポテンシャルがあるのかどうか、素人なりに動画チェックした結果を書いてみたいと思います。

 

180cm以上が当たり前になって来た現代プロ野球において、彼の上背は177cmと大したことありまへんが、腰回りはしっかりしてますんで、プロの投手として十分なパワーは期待できますな。

一方で大学時代の成績の方は、新興リーグとは言え今春は50投球回で被安打31、奪三振64、与四死球28の防御率0.71となっており、低い被安打率と高い奪三振率が目立ってます。

ドラフト前のスカウト評では、スピード以上の威力を感じるというものがありましたが、この数字を見る限り頷けるものやと思いますわ。

ただしスロー動画を見て個人的に引っかかったのは、上げた右足を降ろして体重移動を開始する際に、ちょっと流れ気味に見えることやろか。

しっかり軸足で立って、十分にその軸足に重心を乗せる前に、体重移動してるように見えます。

こうなるとリリースが不安定になりがちなんやけど、与四死球率が一試合当たり約6つと非常に高いのは、こうしたあたりに原因があるのかも知れまへん。

ボールそのものには威力はあるみたいなんで、制球難を修正して、できるだけ早く戦力になってもらいたいですな。

 

高橋聡がFA移籍して、使える日本人左腕が大野に岡田、小川くらいしかおらんので、ホンマに彼には期待したい。

頑張ってや。

 

 

 

親サイト:「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/