読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2017/3/22 [WBC] 日本終戦

こう言っては何やけど個人的には、予想を超えた侍JAPANの戦いぶりは想像以上やったと思います。

 

菅野、すまんかった。

私ゃ、準決勝を任せるには役者不足やと思って、千賀の先発起用を主張してたんやけど、メジャーの一線級を圧倒するこれ以上ない投球を見せてくれました。

ありがとう(シーズンに入ればまた憎き敵やけど)。

 

そして小久保監督、すまんかった。

読売人脈での監督東洋に始まり、プレミア12での大失敗もあって、監督としての力量には疑問符を突きつけ続けたんやけど、メジャー組や大谷を欠き、さらにメジャー目前の候補生も少ない、戦力不足を感じさせるチームを率いて、よくぞ決勝ラウンドまでコマを進めてアメリカと僅差の試合を見せてくれました。

これで退任するとのことやけど、またどこかで指導者としてのチャンスを得てもらいたいね。

 

正直なところ、マスコミが報道するほど紙一重の試合ではなかったと思います。

菊池の交通事故的な一発で同点に持ち込んだものの、侍JAPANには得点の気配がほとんどなく、アメリカにとっては「いずれ得点して勝てる」という精神的な優位性を保った展開やなかったかな。

「スーパースター」はそれほどいないものの、各チームの一線級が顔を並べ、そして試合を重ねる中で調子も上げてきたアメリカは、完全に格上のチームでしたわ。

それでも最後まで食い下がって見せた侍JAPANは、死力を尽くしてくれたと実感してます。

ホンマにありがとう。

 

 

そして回を重ねるにつれて、WBCがその権威や盛り上がりを増してきたと実感できることも、私は非常に嬉しく感じてます。

宗主国・アメリカ国内はまだまだやけど(WBCはエキジビションらしい)、中南米諸国を中心にメジャー組がめっちゃマジでした。

プエルトリコvsオランダは、第三者から見てもバチバチとした両軍の本気の火花が見えた、野球の魅力が満載の素晴らしい試合でしたわ。

メジャー組がどんどん本気になれば、それに比例して日本が優勝することは至難の業となるでしょう。

しかしそれでええと思います。

そういう厳しい大会で勝ち抜いてこそ、価値がある。

だからこそ、早く出遅れている宗主国にも、本気の本気を見せて欲しい。

「あんなのオープン戦」「ベストメンバーじゃない」とか、せっかく自ら主催している大会の権威を貶めるようなマネは止めて欲しい。

そして明日、彼らが勝ってその価値を知ってもらえたら嬉しいです。

 

次回の大会ではドラの選手が主力を張って、再び優勝する侍JAPANが見られることを楽しみにしてまっせ。

みんな、ホンマにご苦労さんでした!

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/3/19 川上憲伸引退

f:id:kan_dra:20170319232811j:plain

今朝になって、個人的には結構ショッキングなニュースが目に入って来ました。

落合体制下での黄金期前半をエースとして活躍した川上憲伸が、目指していた現役復帰を諦めて引退すると宣言したとのこと。

おそらく多くのドラゴンズファンにとっては、「今さら感」ありありなニュースでしかないと思いますが、私が長くドラファンをやっててもっとも入れ込んだ選手だけに、感慨深いものがありましたわ。

彼が登板予定の日の私は昼過ぎから緊張し始めて、会社帰りを「マウンド降りるなよ…、勝っててくれよ…」と心臓バクバクさせたもんでした。

打者を圧倒するような投球を何度も見せてくれた中で、05年の千葉マリンで見せた完全試合未遂は、私が目の前で見た投球として最高に興奮した強烈な記憶となってます。

ドラの歴史においてエースは何人かが君臨してきましたが、絶対的エースを感じさせてくれたのは、個人的には今中氏の絶頂期以来と感じてるのよね。

(吉見の安定感は、さらに憲伸を上回ったとも評価してますが)

その彼もついに引退。

きっと優れた指導者になれると思ってますんで、第二の人生でも大輪の花を咲かせてくれることを期待してます。

頑張れ!

 

 

WBCの方は、準決勝の相手が野球宗主国・アメリカと決まりました。

相手がベスト・コンディションならボコボコにされるはずやけど、これまでのWBCでの対戦では怖さを感じることはありまへんでしたが、さて今回はどうやろか。

あのドミニカを下した以上、今回はこれまでの対戦以上のコンディションなのは間違いありまへん。

普通に戦えば粉砕される可能性が高いだけに、とにかく白熱した試合をしてくれたら御の字です。

決勝を意識して力を温存するようなマネは絶対にないように、それだけは意識してもらいたいね。

(だからこそ先発は千賀であるべきやと思うんやけど)

頼むで、侍JAPAN!

 

 

 

親サイト:「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/3/13 WBC & オープン戦

オランダ戦は紙一重やったけど、それを勝ち切れたあたりには、精神的な強さを感じさせてもらいましたわ。

従来の日本代表はギリギリの勝負に弱い印象がありましたんで、昨日のようなほとんど極限に近い試合に勝ったことは、日本プロ野球における文化的成長が見られたような気がします。

まぁ、則本が9回二死から同点打されたあたりにはガッカリしたけど、それでも逆転されなかったことを評価すべきかも知れまへん。

…つーか、何で9回が則本なのか、左⇒右⇒右⇒右と並ぶ場面での宮西の起用とか、たかが二次リーグで勝っただけで泣くとか、監督には不満があるんやけどね。

(それにしても菊池のプレーは凄かったわ…!)

とりあえず、強敵揃いの二次リーグを勝ち上がって、メジャーリーガーがずらりと並んだC組、D組の国々と対戦するところまで、何とか全員で頑張ってもらいたいですな。 

 

 

一方の我がドラゴンズ。

キャンプ中の練習試合では快調なところを見せてくれたのに、オープン戦に入ると案の定、負けが込むようになってしまいました。

投打ともに結果が出ておらず、どうにも八方塞がりになってきた感があります。

とくに痛いのは、投手が火だるまになるケースが増えていることやね。

キャンプ時には外国人の加入と若手の成長から、人材が揃ってきたか…と思わせたんやけど、最近は櫛の歯が欠けるように脱落者が出てきました。

それでもまだローテーション候補には、吉見、大野の確定組に、山井、若松の濃厚組、又吉、鈴木、小熊といったボーダーライン組と、頭数だけは残ってます。

ここから開幕まで、何とか誰一人抜けることなく結果を出し続けてくれたら、シーズンへの展望も開けると思うんやけど…。

 

また野手の方は、正捕手争いや、二遊間の組み合わせがポイントになりそうです。

来週のオープン戦では、そろそろシーズン本番仕様の選手起用が見られると思いますんで、今週のオープン戦が見ものやね。

楽しみですわ。

 

 

 

親サイト:「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/3/8 WBC

各国の野球エリートがぶつかるという本大会は、主催のMLBがイマイチ熱が入らんという本末転倒があるとは言え、野球文化の優劣を競うという意味で考えると、やはり日本の野球ファンの一人としては勝って欲しいと願わずにはおれまへん。

今回は首脳陣の人選や、その漏れ伝わって来る姿勢、そして戦前の低調な侍JAPANの戦いぶりから、個人的な関心はいつもより低かったんやけど、やはり始まってみると気になりますな。

キューバあたりは真剣に出場してくる国の一つであり、そういう国と戦うのはプライドを賭けた試合となりますわ。

開幕から二試合を終えてみると、連取試合の情けない試合内容から考えれば、三味線でも弾いてたのかと思わせるようなプレーを見せて、日本は連勝を飾って一次リーグ突破を濃厚とすることができました。

何よりWBCは結果ありきやと思いますんで、ここまでは満足するべきなんでしょうな。

 

しかし二次リーグでキューバやオランダ、イスラエルから三つ勝つのは、かなり難しいんやないかと思います。

実のところキューバに勝てたからと言って、アテネ五輪でオーストラリアに負けた記憶はまだ鮮明やったんで、今日も絶対楽やないと思ってたら案の定でした。

得点できたとは言え、中田と筒香の一発が効果的に出たから中盤から楽な展開になっただけで、松田の犠飛以外はチャンスで理詰めの得点はできまへんでした。

こういう野球では、メジャーのバリバリが主力を張るオランダあたりに勝つのは、かなり厳しいとしか思えまへん。

しっかりしたベンチワークが必要やと思うんやけど、今の首脳陣にそれができるやろか…。

 

まぁ、あれこれ考えても、まだ二次リーグ進出が決定したわけやないんで、まだ捕らぬ狸の皮算用に終わる可能性も十分にあります。

まずは中国にしっかり勝ってもらいたいですな。

 

 

 

親サイト:「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/3/1 オープン戦突入!

ついに本物の実戦がスタートしました。

2試合を終えて1勝1敗という結果より、投手陣の仕上がりの良さが感じられるところに、個人的には手ごたえを感じられますわ。

打線は韓国チームを相手にしてた頃より調子は下降線のようで、前評判のいいゲレーロも含めて爆発力は潜めてますが、一方で投手の方は総じて結果を出してますな。

野球はまず投手力で決まるというのが常識であり、そういう意味ではたった2試合とは言え、悪くない結果と内容やと思います。

ほぼ全員が結果を出していると、競争レベルもどんどん向上していきますんで、このまま開幕メンバーの絞り込みが難しくなるような活躍を、全員が示してくれることを期待したいね。

 

■又吉

ストレート、ストレート、スライダーといった配球から、変化球の比率を大きくした先発投手へのスタイルチェンジ。

大きな問題はなく、順調と言ってもええでしょう。

 

■福谷

ストレートの球速は140km台後半を計時しており、この時期としてはかなり速いボールは投げてたんやけど、気になるのは打者がまったく臆せずフルスイングしており、しかも一発で前に飛ばしてたことやね。

やはり数字ほどの威力はないのかも知れまへん。

 

■大野

腕は振れていてストレートの威力復活。

順調ですな。

 

■若松

何より奴の生命線は制球力であり、そういう意味で悪くない投球でした。

 

■遠藤

コンタクトの確率が上がり、さらに弱点の内角もかなり克服しつつあるように見えます。

崩されても合わせることができるし、タイミングが合えばフルスイングからの長打もある。

1番・遠藤、2番・大島なら(逆でもええけど)、かなり得点力は上がるのと違うやろか。

 

■鈴木

どうもヒジの位置が上って来まへんなぁ。

身体が開き気味になって腕が横振りになるため、ボールがシュート気味に抜ける悪癖が修正されまへん。

ウィンターリーグやキャンプ前半では、もっとバランスのいい投げ方をしてたはずなんやけど…。

ボールが抜けるためストレートに本来の威力がないし、制球も悪くなって投球を苦しくしてます。

力を入れて投げ始めたあたりから、フォームのバランスを崩してしまったのかも知れまへんが、今のままではローテーション入りは厳しいわ。

ただしこの本調子からほど遠い出来であっても、日本一チームをそこそこ抑えて見せたあたりは評価してもええんやないかな。

5イニングも任せてもらえたあたりに、首脳陣の非常に大きな期待を感じさせますんで、何とか開幕までにバランスのいいフォームを取り戻してもらいたい。

頑張れ!

 

 

 

親サイト:「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/2/20 キャンプ第三クール終了

©朝日新聞社f:id:kan_dra:20170220235201j:plain

 

この間、やっとキャンプが始まったかと思ってたら、もう残すは最終クールのみになってしまいました。

そしてあっという間にオープン戦へ突入していくことになります。

やってる方はしんどいんでしょうが、始まってみるとキャンプはホンマに短い。

このたった一ヶ月足らずで、今季の行く末が決まってしまうかと思うと、大事にしてもらいたいもんやね。

 

この第三クールでは練習試合が多く組まれましたが、一応すべて勝ったんやなかったかな。

初戦のハンファ戦と違って、打つ方はゲレーロ一人におんぶに抱っこで、若手のバットも湿りがちになってきましたが、投手陣の出来は総じて良かったようで、誰を残すのか悩みそうな気配があります。

何とかオープン戦の最後まで、皆に頑張ってもらいたいですな。

 

それでは目についた選手の寸評を、ごく簡単に書いてみます。

ゲレーロ

練習試合とは言え、打ちまくってますな。

内容的にも悪くないと思いますが、うまく行き過ぎて逆に半信半疑ですわ。

 

ビシエド

ヒジに故障を抱えているようで、練習試合では結果を出せず。

試合に出てるだけに大きな問題やないと思いたいけど…。

 

■遠藤

意図の見える打撃をしており、トンチンカンな打席は少ない。

弱点とされてる、内角もある程度捌いてるかな。

 

■溝脇

スイングがシャープになってるほか、守備面でも二遊間への打球で上手いプレー二つ。

 

■大野

年々、ストレートの球速が衰えて、昨季は平均140kmに行くかどうかになってましたんで、今季はストレートがよみがえるかどうかがポイント。

イーグルス戦ではこの時期で145kmまで計時したらしく、ちっょと期待できるかも知れまへん。

 

■若松

昨季の奴の不振は、フィニッシュで身体が一塁側へ流れていたように、下半身の鍛錬不足による制球難やったと思ってます。

今季は軸ブレもなくしっかり腕を振れてるように見えますんで、少しはマシな投球を見せてくれるかも知れまへん。

 

■柳

二度目の登板の方が、変化球が低めに決まって出来は良かったけど、ストレートはまだ高く浮くボールがあったかな。

開幕までにどこまで低めへの制球力を磨けるか。

 

■鈴木

昨季までストレートの平均は130km台前半、最速でやっと140kmに届くかどうかやったのに、今季はすでに最速144kmまで到達したとか。

しかし前回の登板と同様にシュート回転するボールが多かったのは問題で、本来ならもっとバランス良く投げられるはず。

逆説的に言えば、本調子にはほど遠い出来でも、それなりに投げられたのは収穫と言えるかも知れまへん。

もう一つ、練習試合の段階なのに、変化球の割合が多いように見えたのも気になりますわ。

結果を求めるのは、もう少し先でもええのと違うかな。

 

■野村

アゴを上げたフォームながら、ボールはかなり低めに集められるようになってきました。

ただし気になるのは、決め球になり得るボールが見当たらんところやろか。

空振りが取れるボールが欲しいね。

 

■三ツ間

奴を先発で使うのか、リリーフで使うのか分からんけど、あのツーシームはオモロいわ。

ロングイニングを投げるには、使える球種も制球力も足らん気がしますが、短いイニングなら期待できるんやないかな。

 

■福

ドーンと来るストレートは威力を増し、ギュッと曲がるスライダーを生かしてます。

今んとこ打者を圧倒するような投球をしてますんで、ひょっとするとローテーションに食い込んでくるかも知れまへん。

 

 

 

親サイト:「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/2/12 キャンプ第二クール終了

この間キャンプが始まったと思ったら、もう練習試合なんやね!

昨年のキャンプは評論家各氏から「活気がない」との評があったんやけど、今年も谷繁前監督が「活気がない」と評したとのこと。

今年それを言うなら、「昨年のキャンプの雰囲気を何とかしとけや」とか思うけど、とりあえずそれは置いといて。

とにかく新戦力や若手がええところを見せてくれんと、今季もチームは深く沈んで行くだけなんで、何でもええから結果を出して欲しいところ。

そういう意味では、今日の練習試合初戦は一つの試金石でした。

 

それでは簡単な各選手の寸評を。

■石岡

確かにホークス・柳田ばりの豪快なフルスイングは迫力満点。

しかし解説の山崎氏がコメントしてたように、自分のタイミングでしかスイングできないうえ、タイミングが合っても打ち損じがあるなど、まだまだ強く打ち返せる確率は低い。

しかしたくさんのボール、いろんなタイミングを経験してるうちに、柳田になれるかも知れまへん。

(それにしてもアマ時代はロングヒッターやなかったはずやのになぁ…)

 

■遠藤

4の4で1本塁打と、首脳陣へ完璧なアピール。

右へ左へ、強打にテクニックも見せて文句なし。

もともとヘッドが下がって内角が打てない欠陥がありましたが、レベルの高い投手に対してそれが改善できていれば、レギュラー獲得もあるかも知れまへん。

 

ゲレーロ

第一印象より右へも打てるし、とにかく左肩が開かないので、スローカーブも完璧に捉えて見せたのは好印象。

打撃フォームとしては、ビシエドよりも安定して打てそうに見えるけど、内角や低めの変化球への反応を見ない限りは、ちょっと結論めいたことは言えんかな。

 

■京田

まず目につくのは、判断力なんかは後回しにしてスピードであり、足だけで一軍の戦力にはなれるかも知れまへん。

守備の方は、打球に対する身体の寄せ方が良くないため、球際で変な体勢になってるような気がしますわ。

打撃については、まだ左にしか打ってまへんが、コンタクトは悪くありまへんな。

新人としては総合力の高い選手やと思います。

 

■野村

相変わらずアゴの上がったフォームやけど、今日は低めへもしっかり制球できてましたな。

(確かにアマ時代にはああいうボールを投げてました)

ストレートは打者を押し込んでおり、この時点なら合格点でしょうな。

 

■鈴木

打者6人をパーフェクト、3奪三振は見事な結果やと思います。

対外試合の初戦先発という首脳陣の期待に、十分以上に応えることができたんやないかな。

ただし奴自身がイメージしたボールは、少なかったような気がします。

力んだのか開き気味で投げてシュート回転するとか、抜けたようなボールの方が多かったね。

それでも打者を圧倒して見せたんやから、そうした反省を次に生かすことができれば、シーズンの戦力になれる可能性は大きいと思いますわ。

頑張って欲しいですな。

 

 

 

親サイト:「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/