関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2018/5/22 ○ vs 横浜DeNAベイスターズ 8-0

ホンマかいな?
上げ潮のベイスターズと鬼門・ハマスタで対戦、しかもドラはローテーションの谷間で今季初登板の山井となると、ちょっと勝ち目はないと思ってたんやけどねぇ。
その初登板の山井が、全盛時を彷彿とさせるような投球で、ベイスターズ打線を終始圧倒して完封勝ち。
これは正直、予想してまへんでしたわ。
ボールはキレキレ、制球も文句なし。
闘争心も身体からほとばしる勢いで、9回を116球、4安打、6三振、1四球のシャットアウト勝ち。
まさに全盛時に見せた投球内容やったと思います。
しかもこれが二軍での登板から中四日で、40才の投手が達成したものだけに、驚愕すべきものやないか。
とりあえずこれが一度だけの結果やなく、今後も安定して投げてくれるなら、チームにとって大きな戦力になります。
次も最多勝を獲った頃の山井が見られるのかどうか、それが非常に注目されますな。
期待大です!!


打線の方はまだ未勝利の飯塚相手ということもあって、8得点と打線が機能しました。
新1-2番コンビは実に好調で、とくに京田の攻撃的なプレーが見られるようになったことは、チームを勢いに乗せる要因の一つになっていると思います。
マークが厳しくなってきたアルモンテがやや減速すると、今度は強引さが影を潜めてきたビシエドが爆発力を発揮。
非常にいい回転になってきたんやないかな。
問題は明日のベイの先発・東に対して、どんだけの得点ができるのか。
それなりに得点力を発揮できるなら、しばらく打線の勢いは続くかも知れんのやけど。
頑張って欲しいね。


福田は右を意識してヒットを量産し始めましたが、なかなか打球が上がりまへん。
ちょっとポイントが近すぎて、角度が出ないんやないか。
打率とのバーターになってますが、もう少しポイントを前に出して豪快な一発を見せて欲しいんやけどな。
まぁ、打点を稼いでくれるなら文句ないけどね。

 


親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2018/5/20 ○ vs 阪神タイガース 6-1

松坂が往年の姿とはまったく違うものの、スライダーを切り札として新たなスタイルで、勝てる投手として復活しつつありますな。
先日のトラブルによる降板が心配やったけど、中六日でしっかり調整して登板し、タイガース打線を圧倒して見せました。
6イニングを91球、3安打7三振1死球の1失点は、結果だけ見れば復帰後で最高でしたわ。
しかし実のところ、タイガースの貧打に助けられた側面も大きく、足の故障の影響からかストレートの走りはイマイチやったね。
それでも抑えて見せたんやから、このへんは奴のキャリアから来る引き出しの豊富さが、自身を助けたということでしょうな。
リリーフがやや手薄なチーム事情を考えれば、できれば7イニング120球くらい投げて欲しいんやけど、今回は初の中六日かつ故障明けが考慮されたということやろか。
次回は勝つとともにロングイニングも期待したい。
頼むで。


京田-大島の1-2番コンビを組んだとたん、京田が2試合で6安打の大爆発。
結果がいいから当然とはいえ、非常にスイングがシャープになったように見え、生き生きとした姿が戻ってきたように思います。
もしかしたら奴は、2番打者として1番・大島を生かす仕事をする中で、自身の良さを封じ込められてきたということなんやろか。
枷がなくなって、思い切り自分の力が発揮できるようになったのなら、ベンチが選手の適性を見る目がくるってたということになりますな。
クリーンアップが元気なだけに、1-2番の出塁率が向上してくると、打線の得点力も大幅に改善されるはず。
来週からの1-2番コンビに、大いに注目したいですな。


その来週のカードは、ハマスタマツダの鬼門6連戦。
しかもイマイチ調子が上がらなかった筒香が爆発して、ベイスターズの調子も上がってきました。
さらにハマスタでは先発投手が足らんという苦境にあり、せっかく本拠地で調子を上げたチームがどうなるのか非常に不安なんやけど、それでも何とか乗り切ってくれることを期待したい。
頑張ってや。

 


親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2018/5/19 ○ vs 阪神タイガース 3-2

今日は家族と外出していたため、生ではゲームを見られず、スマホでの経過チェックだったんやけど、昨夜予想してた通りドラ打線が小野に沈黙してたんでイライラしましたわ。
ドラが一番いい投手を出して、しっかり奴が自分の役割を果たしてるのに、また何もできずに負けるのかと。
しかし順番を変えた1-2番が中盤に機能して、ポイントゲッターのアルモンテが凡退したのに、後続のビシエド、モヤの両外国人が連続タイムリーして綺麗に逆転。
得点したのはそのイニングだけやったけど、クロスゲームをモノにできたのは良かった。
欲を言えば打線に元気を取り戻して欲しかったけど、とりあえずは安心しましたわ。
明日は松坂が先発しますんで、また熱い投球を期待したいもんやね。


昨日も書いたんやけど、最近のビシエドはオーバースイングが減った気がするのよね。
コンタクトにある程度意識があるので、芯を食った打球が増えてるんやないかと。
まぁ、1シーズン見ないと結論は出せんけど、今んとこ昨季までよりは殊勲打が多く見られます。
アルモンテに助けられてる側面も大きいでしょうが、意識過剰やなく冷静にスイングすれば、それなりに結果は出せると思いますんで、4番としての仕事を果たしていってもらいたい。
頑張ってや。


周平は千載一遇のチャンスを逃すんやろか。
キャンプの頃まではええ感じやったと思うんやけど、シーズンに入ると昨季までと変わらんスイングになったように見えます。
バットに当てられるポイントが限られており、ちょっとタイミングがズレるとヘッドを残すことができず、ブザマなスイングになってしまう。
右ヒザが早めに割れてしまうのが、最大の問題なんやけど、これは結局修正できずに終わるんやろか。
今のままでは、何ぼチャンスを与えても、結果は変わらんような気がしますわ。
もったいないなー。

 


親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2018/5/18 ● vs 阪神タイガース 1-2

昨夜はカープの継投策に抑え込まれた打線は、今日もタイガースの高橋遥の前に音無し。
最近になって大島に京田、福田あたりが目覚めてきて、アルモンテを中心に打線が機能し始めて、やっと得点力がマトモなレベルになってきたかと思ってたんやけど、昨夜、今夜と三人で合計1安打。
平田が一本づつ打ったりしてますが、奴も要所では打てず。
結局はアルモンテの前に走者を出さんと得点できんのに、1-2番が機能しないというヘタレ打線に逆戻りしたようやね。
相手投手が頑張ってたとはいえ、球数を投げさせるとか、全員で反対方向を狙ってみるとか、同じアウトになるにしても意味のある打席にできんもんか。
ベンチはすんごくガマンしてるけど、このままなら1-2番の構成は考えるべきやと思うけどな。
こんな調子では明日の小野も打てんやろね。
元の木阿弥とはなぁ…。


小笠原は一応、ゲームは作って最低限の仕事はしたけど、開幕投手を任された投手がクロスゲームでのリードを守れず、100球程度で降板してしまうようではガッカリやなぁ。
ベンチも7回を奴に任せなかったのは、奴をその程度の投手として認識してるということやろか。
毎度、同じようなパターンで捉まってることを考えると、そういう扱いもしゃーないようにも思うけど、奴もそういう扱いを屈辱やと感じやなアカンわ。
まぁ、奴も大きな飛躍の前に、今は必死に身をかがめて力を貯めてるところなのかも知れまへん。
もがき苦しんで、早くカラを破ってジャンプして欲しい。
そういう素材やと信じてますんで。


ビシエドは二度の決定機に沈黙。
最近の奴はあまり強振せず、センターから右へ打ち返すことを意識しているようで、これまでのような強引さは影を潜めて感じは悪くないと思うんやけどね。
しかし8回の打席では、外角へのスライダーしかないと奴自身も分かっていたのに、少し力が入って打ち損じたのは痛かった。
やはりアルモンテとは決定力に差があるというのが、ここで露呈してしまいましたな。
今後、アルモンテへのマークが厳しくなり、勝負を避けられるケースも増えるはずなんで、奴と福田にはそれなりに仕事して欲しいわ。

 


親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2018/5/17 ● vs 広島東洋カープ 2-3

今日はええゲームやったけど、力及ばずという内容でしたなぁ。
吉見が続けて好投しただけに、残念無念ですわ。
2点先制したこともあり、もう少し何とかならんかったかなぁ…という思いが捨て切れまへん。
まぁ、さすがに首位チームという気もしますが、チームに勢いが出てきたところで三つ勝つのは、非常に大きかったんやけどね。
う~ん、残念。


吉見はあの強気な投球が戻ってきましたんで、自分らしさを取り戻してきたということやろか。
コーナーへあれだけ決められる制球力は、奴は球界でも屈指の存在なんで、それなりのボールさえあればゲームは作れる。
ボールに自信がなければ、コーナーよりさらに外側を狙ってしまい、カウントを悪くして打たれてしまう。
そういうシーンが見られなかったというのは、奴のエースとしての自信が戻ってきたということやと思います。
6回はどうしたんやろね。
やっぱり今季一つしか勝ててないという焦りが、ボールを高く浮かせてしまったんやろか。
あそこだけがブラックホールのようなイニングになってしまいましたな。
しかしこれだけの投球ができるなら、勝つくらいはすぐにできるでしょうし、ローテーションの軸になってくれる可能性もあるでしょう。
次の登板に期待してます。


鈴木博はドラフト時に見た動画でも感じたんやけど、ボールの質が揃わないのよね。
物凄く威力あるボールを投げる日と、ちょっと抜けたり垂れたりするボールを投げる日に分かれたり。
今日は後者の日やったかも知れまへんな。
しかし奴はまだルーキー、これから成長していいボールを安定して投げてくれるようになるでしょう。
次は頑張ってや。


打線の方は、7番・堂上が結果的に裏目に出たように思います。
相手投手が満塁にしても、堂上、松井雅で二つアウトを計算できるんやからね。
先発投手が吉見ということで、守り勝ちを狙ったのかも知れまへんが、専守防衛な選手を入れて6人でしか攻撃できんというのは、やはりハンディが大きすぎる。
周平、あるいは阿部でも良かったんやないかな(結果論として)。
明日からはまた点を取ってやって欲しいね。

 


親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2018/5/16 ○ vs 広島東洋カープ 5-2

内容のいい勝ちが続くと、ちょっと気分がええね(嬉)。
柳の快投に福田の完全復調、鈴木博の完璧救援、そして苦しんでた京田にも復調の兆しが見えて、本拠地とはいえ強い首位チームに連勝というのは評価すべきでしょうな。
まぁ、それぞれがやっと自分の力を発揮し始めただけで、これくらいはできるチーム力はあるはずなんやけど。
しかし、これが今季のドラの姿なのかどうか、それが一番の問題です。
また先日までのヘタレに戻るようなら、今季のドラに未来はありまへんので、昨日、今日のドラを安定して見せてもらいたいもんです。


柳はこれくらいやれる投手なんです。
とにかく結果を出さんといかんという意識が強すぎて、相手チームの上位打線や、ピンチの場面でコーナーを狙いすぎたあげく、カウントを悪くして打たれる。
それが奴のパターンだったんやけど、今日は終始冷静でした。
最初から飛ばし過ぎたのか、100球を超えて捉まってしまったのは残念やったけど、でも緊迫したクロスゲームで1点を守って投げられたというのは、奴が一つ階段を上がるためのキッカケになったんやないかと思います。
奴はローテーションの軸になる投手。
そのためのシーズンやと思って、奴を見続けていくつもりです。


京田も少し上向きやろか。
とくに第二打席で、泳ぎながら合わせてセンター前に落とし、そして相手センターの挙動を見て二塁を陥れた一連のプレーは、今季ほとんど初めて見た奴の攻撃的姿勢やったのと違うかな。
あの泳いで合わせるという打撃は、今季の奴ができてなかったものであり、それができたことは状態の向上を感じさせますわ。
これまでの奴は武器である足を使おうにも、出塁率が異常に低いため生かされなかったのよね。
ここから期待値通りの活躍ができるなら、チーム力は大いに改善するはずなんで、是非ともそうなってもらいたいですな。


福田も連日の猛打賞で、復調をアピールしてくれました。
高めのストレートを上から叩いてヒットしてるあたり、投手に威圧感を与える打撃内容やったと思います。
あとは打球が上がるようになってきたら完璧です。
豪快な一発を量産してもらいたいですな。

 


親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2018/5/15 ○ vs 広島東洋カープ 10-4

今日はいろいろと収穫の多いゲームでしたな。
マルチネスが勝って、アルモンテを援護するように国産砲も続き、そして何といっても岡田の復活。
「やればできるやん!」と思わせるような、内容のある勝利やったと思います。
こういうゲームが続けば、そこそこ勝てるはずなんで、ここから少しはええところを見せてもらいたいね。
一試合だけで終わらんよう、頑張ってもらいたいもんです。


マルチネスは角度のあるストレートと、非常によく抜けるチェンジアップを武器に、見どころのある投球を見せてくれましたが、4回あたりから球威が落ちてきて4失点。
素材は間違いないけど、ちょっとまだゲームを作るにはスタミナ不足やないかな。
もう一回チャンスがあるかどうか分からんけど、しっかり体力作りしてから勝負させた方が、間違いがないと思うんやけどね。
しかし将来が楽しみですわ(ドラに留まるならね)。


そして奴が残した6回無死二三塁の大ピンチで、続いて登板した岡田が見事な火消し!
私ゃベンチの投手運用をあんまり信用してないんやけど、あのゲームの行方を決定づける場面に、一年ぶりの登板の奴を起用したというのは、結果的にベンチの英断やなかったかな。
140km前後のストレートに、よく滑るスライダーは、はた目には好調時のボールと変わらんように見えました。
もしホンマに奴が復活してくれるなら、岩瀬一人しかいなかった左のリリーフが二枚揃うことになり、投手運用が非常に楽になりますわ。
次の登板を見て判断したいけど、とりあえずめっちゃ嬉しいね。
お帰り、岡田。


打線ではアルモンテ以外に大島、福田、平田、松井雅がマルチ安打。
平田は結果オーライなところがありましたが、大島は東京ドームで5安打したのに続くマルチ、そして福田もすべてジャストミートの4安打固め打ち。
とくに福田も東京ドームで、今季珍しい左方向への強い当たりを放ってましたんで、これがキッカケになるのではと期待してたところだっただけに、完全復調してくれたのかも知れまへん。
周平の体たらくが気になりましたが、とりあえず他の連中は上向きに見えますんで、明日もええところを見たいですな。

 


親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/