読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2017/5/27 ○ vs 東京ヤクルトスワローズ 4-2

 

やっぱり勢いというのは大事なもんで、奇跡のような昨夜の勝利は、今日も不利な展開のゲームを引っくり返してくれました。

しかも立ち上がりからドラ打線を零封していた小川が、急きょアクシデントで降板するとか、追撃のチャンスを藤井が潰しかけたら、平田が超ラッキーなタイムリーで得点し、そんで逆転機ではその藤井が勝ち越しタイムリーを放つとか、ドラに有利に、有利に流れが来るような展開になったあたり、目に見えない力が働いてるとしか言いようがありまへんでしたわ。

(しつこいけど浜スタ三戦目をもっと大事に戦ってたら、さらに連勝が続いてたんやけどな)

こういう何をやってもうまくいくという状態を、できるだけ長く続くように、首脳陣は打つ手を間違えんことが重要やと思います。

せっかくのチャンスやから、日曜のゲームもしっかり勝って3タテしておきたいね。

 

又吉には凄みはないものの、今日も7イニングを8安打、2三振、3四死球の2失点。

ピンチは多く招きつつも、粘って失点を抑えてハイクオリティ・スタートを達成。

立ち上がりに乱れて押し出しで失点するなど、不安定なところも露呈しましたが、そこから立ち直れるのが先発した時の奴のええところですな。

奴はリリーフでああいう投球をすると、精神的に整理できんまま傷口を広げてたと思うんやけど、長いイニングでの修正能力であるとか、ペース配分を完全に身に付けたという印象がありますわ。

相手打線を圧倒して完封するような投球は、奴にはそれほど多くないかも知れまへんが、安定して役割を果たしてくれるようになりました。

柳の先発起用や大野の復帰によって、苦しかったローテーションがダブついて、又吉を再びリリーフへ戻すような動きがあるかのような、アホらしい情報を目にしたことがあるんやけど、こんだけ長いイニングを安定して抑えてくれる投手は大事にせなアカン。

何より新しい職場でイキイキしとる人材を、再び元の職場に戻すような行為が、どんだけその人材のモチベーションに悪影響があるのか、それを首脳陣にはよく考えておいてもらいたい。

次の登板にも大いに期待してまっせ。

 

最近ようやく他チームと戦えるようになってきましたが、それはローテーションが最低限のレベルでは揃いつつあること、そしてビシエドの復調が理由でしょうな。

こういうチームが上げ潮の時期でこそ、全体の底上げを図って欲しいね。

ローテーションの鈴木翔太、小笠原、そして加入予定の柳は固定してもらいたい。

それを周囲がサポートすれば、シーズン後半はかなり戦えるようになると期待できます。

頑張ってや。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/5/26 ○ vs 東京ヤクルトスワローズ 3-2x

どう言うたらええんやろね?

嬉しいとか言う前に、信じられんものを見たという気分だわ。

9回に秋吉が出て来て、松山で逆転スリーラン食らった悲劇を、ここで思い出してくれんかな~なんて思ってたんやけど、京田と亀澤がアッサリ凡退してツーアウト。

ホンマに盛り上がりなく終わるんやなと、いつものようにモヤモヤした気分で記事を書きかけたんやけど、そこから大島が出塁して打者・ビシエド

さぁ、秋吉よスリーランを思い出せぇ~と願ったら、ここでビシエドがロングヒットして二死二三塁と同点のチャンス!

しかし打順が回って来たゲレーロは、最近6試合で21打数2安打と不調であり、ちょっと無理かと諦めてたら、内角ストレートを詰まりながらも外野に運んで同点!

目まぐるしい展開について行けず、嬉しいながらも混乱してたら、ゲレーロを下げて代走・荒木という、延長を考えないベンチの起用に一気にテンションが下がってしまいました。

そんでホンマにこの首脳陣はアホやとシラけてたら、藤井が右中間を突破するロング・ヒットを放ち、フルカウントでスタートを切っていた代走・荒木が生きて、一塁から長躯ホームインしてサヨナラ勝ち!!

勝ったのは嬉しいけど、9回二死走者なしから濁流のように展開が大転換した、今季で一番信じられんゲームでした。

代走・荒木なんて、昨夜のジョーダン晒し投げに続くクソ采配やったのに、完全に結果オーライになるんやもん。

まぁ、とりあえずこの勝利でチームに勢いが出れば、文句はないんやけどね。

明日の小川は難敵やけど、何とか勝ってちょ。

 

先発の小笠原は6回2失点という結果は悪くなかったけど、7安打3三振3四球と不安定な内容。

しかし同じトッ散らかった投球をした鈴木翔太と比べると、ずいぶん魅力を欠いた内容やったと感じました。

とにかく武器のはずのストレートに威力がなく、スワローズの打順が一回りを過ぎると、ほとんど球速は140kmに届かなくなってしまい、少々荒れても打者を圧倒するような姿は見られなかったね。

不調でも結果を出したことを評価することもできるけど、今の奴には勝つよりも大事なことがあるんやないか。

次はもっとええところを見せて欲しいね。

 

柳が本拠地に初見参。

2イニングを内野安打一本と四球一つに抑えて見せました。

縦スライダーは威力を感じるけど、カーブをあんまり見せてないのは意識的なんやろか。

少ない球数で打者をバッサリ斬るようなボールがなく、球数を要してたところを見ると、先発起用にはやや不安が残りました。

しかし早くそういう起用を見てみたいもんです。

 

最後に福谷が復帰登板しましたが、また不安定なところを見せながらも、球威は少し戻ってきたように感じます。

ずっとストレートは球速が出るだけで、簡単に打ち返されていたのが、今日は打者を押し込むところを見ることができました。

そのボールで結果を残して、少しづつ自信を取り戻してもらいたいもんです。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/5/25 ● vs 横浜DeNAベイスターズ 5-13

 

 

京田の神がかり的な大活躍のおかげで、今朝の私ゃ久々に気分上々、チームもこのまま勢いに乗れるかと期待してたんやけどね。

そんな期待はするだけムダでしたわ(苦笑)。

ただ力不足で負けるならまだしも、理解不能なベンチワークで負けるってのは、負け慣れた身でもホンマに堪えるわ。

やっぱり森体制はアカンわ!

前にも書いたけど、ホンマに森体制はアカン!!

前夜のワクワクを返せと言いたいわ。

 

本来、今日は大事なゲームだったはずなのよね。

昨夜の最高の勝利で勢いに乗って、今日もイケイケで勝つことができれば、大型連勝を狙えるような勢いが出るかも知れんかった。

しかもゲームが始まったら、初回に先制されながらアッと言う間に逆転し、昨夜の勢いそのままに戦えてる。

チームが非常にいいかたちになってきたところやったのにな。

荒木の手痛いミスからゲームは暗転、先発のジョーダンは大量失点を食らって、序盤で4点のビハインドを背負ってしまうものの、それでも打線が奮起して中盤までに1点差に詰め寄る。

しかし、その直後にジョーダンが一気に崩れて、完全にゲームを壊してしまいました。

指摘したいのは、まず大量失点直後の4回に、なぜジョーダンに代打を出さなかったのか。

荒木のミスがあったとはいえ、あんだけ分かりやすく崩れて3イニングで6失点した投手を、そこから引っ張る必要がどこにあったんやろか。

終末の三連戦は、ローテーションが小笠原-又吉-吉見と予想されるだけに、柳の先発準備としてロングイニングを試すのには、今日は絶好の展開になったと思うんやけどね。

柳は出せんというなら、ベンチに置く投手の人選ミスとしか言いようがありまへんわ。

そんで打線の方が奮起して1点差に迫り、勝機を引き寄せたというのにマウンドで再び炎上するジョーダンを放置した時点で、この首脳陣はもうアカンと諦めました。

大量の借金を返済する千載一遇のチャンスを、連中は放り投げたわけです。

もうウンザリ。

 

あー、控え投手について触れたけど、もう一つ付け加えるなら9人もベンチに入れながら、先発要員の二人を除くとロングをこなせる投手が柳しかおらんし、さらに言えば勝ちパターンも敗戦処理も区別がない。

こんなめちゃくちゃな投手運用なんて、ないと思うんやけどなぁ。

イライラしてるから客観視できてないだけかも知れんけど、とにかく今日はいろいろとガッカリですわ。

あーあ。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/5/24 ○ vs 横浜DeNAベイスターズ 4-2

今日は鈴木翔太が降板した時点で、たとえ負けたとしても十分満足できるゲームやと思いましたわ。

いやいや、ホンマに素晴らしい(笑)。

投打の若武者が躍動しての勝利は、明日のドラゴンズを夢見させる内容でしたな。

今季見せるべきなのは正に今日のようなゲームであり、こういう勝利をシーズン後半で多く見ることができれば、来季の躍進を予感できるんやけどね。

シーズン前半の負けが、シーズン後半の躍動に繋がるのなら、私ゃなんぼでも耐えることができます。

頑張ってくれよ!

 

まずは京田でしょうな。

右に左に、テクニックに強振に、さらにスピードと持ち得るすべての武器を使っての4安打。

さらに瞬時の判断と快速を駆使して、決勝までの3得点を一人で叩き出す神がかりな活躍を見せてくれました。

(ショートでのバンザイはご愛嬌(苦笑))

オーバーフェンスはなくても外野を割るだけのパワーはあり、少々タイミングを外されても合わせる技術もある。

さらにおそらく球界でもトップクラスのスピードもあることから、我慢して使っていけばきっと結果は残せるとは確信してました。

確信はしてましたが、ここまでは出来過ぎですわ。

今後、各チームのマークは一気に厳しくなるでしょうから、その時にどれだけ対応できるのか、さらに夏場までに疲労が蓄積してきたあたりで、どれだけ踏ん張れるのか。

それが奴の今季の成績を決めるでしょう。

シーズン前の個人的な予想では、100試合スタメンで出て打率.250、20盗塁という数字を期待してたんやけど、さてどれくらいそれを上回ってくれるのか。

非常に楽しみになってきました。

 

そしてもう一人は鈴木翔太

6イニング投げ切ることができて、初めてのクォリティ・スタートを記録するとともに、2勝目をマークしました。

ベイのエース格であるウィーランドを向うに回して、クロスゲームで流れを最後まで相手に渡さなかったことは評価したいね。

とくに序盤は力を抜いて軽く投げていたのか、課題の制球も悪くなかったと思います。

しかし問題はやはり制球難ですな。

全体的にというより、ことさらウィーランドの打席の度にリズムを崩してしまったという印象で、あれは大きなマイナスポイントになってしまうやろね。

とは言え、これまでの登板でもそうやったけど、奴はピンチで大崩れしないという長所を見せており、今日も失点の後はしっかり抑えて見せました。

許す走者が多いため、見ていてカッコのいい投球やないだけに、チャンスをもらってる間に改善して安定したところを見せて欲しい。

頑張れよ!

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/5/23 ● vs 横浜DeNAベイスターズ 4-9

そんなに簡単に連勝できるわけないんやけど、いいかたちで先制して試合を進めていただけに、もったいない敗戦になってしまったように思います。

バルデスも先に援護をもらいながら、あっさりそれを放出してしまうんやから、今日に関しては勝てなくても文句は言えまへんな。

これで四連勝でストップしたわけやけど、ここから4連敗以上するようだと連勝の意味が失われますんで、次は早めに勝たんとね…(難しいと思うけど)。

明日のベイの先発はウィーランドやけど、さて打線がよっぽど鈴木翔太を援護せん限り勝ち目は薄いなぁ。

頑張ってちょ。

 

バルデスはアウトを取っても、打者のタイミングが合ってることが多く、あんまり長くはもたんかなと思ってたら、案の定な結果になってしまいました。

ストレートに打者が差し込まれず、ポップフライが少なかったように思います。

筒香に対して初球から内角へ投げて、豪快に同点弾を食らったあたりは、少々安易すぎたような気もしますわ。

なかなか勝てまへんが、コンディションを十分整えていい投球を続けてもらいたい。

勝てなくても負けない投球をしてくれることを期待します。

 

まだゲレーロは相手投手がギアを上げると、ちょっと対応できまへんな。

走者のいないような警戒されにくい打席でないと、いい打撃ができないように見えます。

(最近のホームランはほとんどソロだし)

一時期減ってたように見えた空振りが、また増えてきたのも気がかりなんで、ボールにしっかりコンタクトすることを最優先して欲しいわ。

 

柳がプロ初登板。

初めての割に、なかなか落ち着いてたんやろないかな。

この一度の登板だけで奴の力量を計ることは難しいけど、制球に苦しんで乱れることは少なさそうな気はします。

やっぱりストレートの球速はモノ足らんけど、最後に投げたチェンジアップ?は威力十分でした。

奴の最大の武器であるカーブはあんまり見せまへんでしたが、カットボール、チェンジアップ、カーブと、一通り勝負できる変化球も持っており、先発で見るのが楽しみですわ。

 

その柳と入れ替わる可能性が高いのが、鈴木翔太と小笠原やろね。

明日の鈴木翔太がどんな投球を見せるのか、楽しみにしたいと思います。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

 

2017/5/21 ○ vs 広島東洋カープ 7-4

この三連戦はすべてがクロスゲームになりましたが、最後まで勢いを相手に渡すことなく、何とチャンピオン・チームを3タテすることができました。

しかも一戦目、二戦目はヘタレ打線を何とか投手陣の頑張りで勝ち切ったのに対し、三戦目の今日は取っては取られの目まぐるしい展開の中で、珍しく打線が奮起して終始リードを保ったもの。

一番の問題であった得点力の欠如が改善されつつあるのなら、今後のシーズンでは少しはマシの試合を見せてくれるかも知れまへんな。

いずれにせよ、個人的には目先の勝利では喜べまへんので、先々を見越した戦略の下で、一つ一つ積木を積み上げるようなシーズンにしてもらいたいね。

 

吉見がようやく初勝利。

今季は得点圏被打率が三割を超えており、ピンチでギアを上げる、1点目を取られても2点目は与えない、得点後のイニングはビシッと抑えるといった「勝つ投球」ができずにきましたが、今日はイマイチ球威が上がらないなかで丹念に球数を使い、何とか投手の責任イニングを最少失点で抑え切りました。

4回、5回と三人で抑えただけに、6~7イニングくらいは投げるのかと思ったら、5イニング87球で降板となったあたりが頼りないけど、これで自信つけて次は「らしい」投球してくれるなら文句なし。

ここから二桁勝てるよう、頑張ってもらいたいね。

 

ビシエドは右に左に長打が出ており、非常にええ感じやね。

いつまで続くか分からんけど、打線の軸が打点を稼いでくれるのはありがたい。

これで好調期が終わった時に、そこそこ打ってくれるなら手放しで4番と認められるんやけどな。

ゲレーロとともに打線を引っ張ってくれることを、期待してまっせ。

 

それにしても…、序盤からバント、バントの連続はええ加減にして欲しいわ。

得点力が上らんのは、攻撃に勢いを出させない消極策のせいやで。

初回の無死二塁でいきなりバントて、1点くらい失ってもピッチャーは立ち上がりでワンアウトもらう方がありがたいはずや。

挙句の果てに一死一塁で、2番の亀澤にもバントとか。

結果的には大島が打って正解にはなったけど、見てる方はウンザリなんやけど。

もっと大量点狙いに行けや、ホンマに。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/5/20 ○ vs 広島東洋カープ 2-1

ちょっとカープは調子落ちなんやろね。

弱いドベゴンズが連勝してしまいました。

まぁ、野村や岡田といった主戦投手に比べると、カープのローテーションがやや格落ちになってる事情もありますんで、手放しで喜べるもんではないと思いますが。

それにしても、理詰めではなかなか得点できんあたりがドラらしいところやね。

先制点は相手のエラーが絡んだチャンスを併殺で潰しかけて、何とか二死からのタイムリーで絞り出したもの。

そんで決勝点となった2点目も、無死一三塁のチャンスでの併殺の間に得点したもの。

どんなかたちでも得点は得点やけど、二度の満塁もフイにするなど、ドラの力強さを見せつけるような試合内容ではありまへんでした。

相手が見せたスキに、物凄い集中力でたたみ掛けるような攻撃を見せるというのは、今のドラには難しいことなんやろね。

(大量得点ができんワケです)

今季中にはそういう力強さも見たいもんです。

 

又吉はジーダンと並んで3勝目となり、チームの勝ち頭となりました。

前回、前々回と不安定な投球が続きましたが、今回は許した走者も少なく、かなり安定したところを見せてくれたと思います。

リリーフでの登板と違って、やたらと力むことがないのが好影響しているのか、新しい先発という仕事場でさらに大きく飛躍しつつありますわ。

バルデスジョーダンの両外国人に、ベテランの吉見、そして若手の鈴木翔太、小笠原、そしてこれから加わる柳と、飛び抜けた実力者はおらんものの先発は頭数が揃いつつあるだけに、やや不安定なリリーフに奴を戻すというオプションが、今後浮上してくる可能性もあるかも知れまへん。

それも奴の実力が高く、先発でもリリーフでも活躍が見込めるからなんやけど、せっかく開かれつつあるエースへの道を、奴には堂々と進んでもらいたい。

頑張れよ!

 

昨夜、アホなことに書き忘れてしまったんやけど、松井雅の打撃が好調ですな。

規定打席には遠く及ばんけど、ここまで三割を大きく超える打率をマークするとともに、相手投手がギアを上げてきても対応できる場面もあり、すでに6打点を稼いでます。

写真は15年の奴の打撃フォームなんやけど、奴は体格の問題で?右脇が開く悪癖があり、どうしてもスイングが波打ってたため、ロクな結果を残せなかったのよね。

これが今季は奴も相当練習したのか、かなりスムーズなスイングに改善されており、これが好結果に直結してるように思います。

谷繁前監督の引退以来、ドラには打てる捕手が長く不在やっけど、奴がそういう存在になってくれたら嬉しいね。

今後が楽しみです。

 f:id:kan_dra:20170520223953j:plain

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/