関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2017/8/16 ● vs 横浜DeNAベイスターズ 2-3x

 

そりゃ無死満塁で無得点なら負けますわ(苦笑)。

無死のチャンスで内野フライ、三振、三振て、ホンマに使えん連中やなぁ。

2点先制後に藤井の二塁打が出た無死二塁のチャンスでも、三者連続三振で何もできす。

ここ数年痛感してますが、『生きたアウト』を打てないのが、今のドラ打線の現状やと思いますわ(黄金期にはそれができた)。

決定機で走者をまったく動かせんとか、ホンマにアホかと呆れてしまうね。

これではカープベイスターズには勝てまへん。

 

正直なところ、今季の周平にはほとんど期待してまへん。

二軍ですらロクな成績を残せず、ビシエドの離脱でチャンスをもらえたとはいえ、一軍でいきなり打てるなんつー都合のええ期待はできないのよね。

今日の試合でもストレートに対応できず、そんでやっぱり変化球も打てない。

実のところ昨季春の手首の骨折以降、打撃内容はずっと良くありまへん。

ひょっとするとアレで、打撃がくるってしまったんやないかと危惧しとるんやけど、今の無残なスイングを見る限り否定できんのが不安だわ。

マイカーのナンバーを「3」にするくらい、奴には期待してるんやけどなぁ。

頑張って欲しいわ。

 

大野は久々に素晴らしい投球やったけどなぁ。

筒香からストレート中心で三振を奪ったあたりは痺れる場面だったし、全体的に力勝負で相手をねじ伏せる、奴らしい投球ができたんやないかと思います。

しかしそれでも勝てんあたりが、今季の奴を象徴するような試合だったような気がしますわ。

6回は二死走者なしから三連打を食らって1失点。

ここで踏ん張れたのは良かったけど、続く7回には不運な二塁打(これは藤井のチョンボやね)から松井雅のパスボールを招いて同点にされてしまいました。

今日は奴自身はそれなりの投球ができたのに、ちょっとした不運から勝利投手の権利が零れ落ちるあたり、ツキがありまへんでしたな。

まぁ、投球内容は向上してきましたんで、次は勝ってくれると期待しましょうか。

 

負けたけど、福田のええところが見れたんで良しとしましょうか。

明日も打ってや。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/8/13 ◯ vs 東京ヤクルトスワローズ 2-7

今日も規制中で試合はスマホで経過チェックでしたが、勝って良かったですな。

しかし途中で森脇コーチが監督代行と出て、いったい何があったのかとびっくりしてたら、亡くなられた娘さんの通夜と告別式に出席するため退席されたとのこと。

監督にも意向があるんでしょうが、ご家族とのお別れは何よりも優先していただきたいと思います。

しばらくは娘さんのことだけを考えて、落ち着いたら戻ってきてもらいたいです。

その間、残ったメンバーが頑張ってくれるはずですから。

 

それにしても、今日も勝ったのはええけど、個人的にはまた腹立つ試合でしたわ。

ゲレーロに続いてビシエドにもぶつけられてしまったとか。

ドラはホンマにお人好しやなぁ。

バレンティンに危機感も感じさせん配球ばっかり続けて、そんで打たれてるとか◯◯タマ付いてんのか?

フェアプレーは大切かも知れんけど、そんで勝てないなら単なる臆病もんだわ。

不甲斐ないを通り越して呆れるね。

もっとファイトしてもらいたいもんです。

 

ナゴヤドームでの試合だったにもかかわらず、ゲレーロと福田に効果的なスリーランが出ましたな。

ビシエドも含めた三人のうち、常に誰かが一発放つような展開になれば、ドラの得点力は相当なものになるはずです。

福田は右方向を意識して、その右方向へ強打できるようになりましたんで、相手投手の警戒心も従来以上のレベルになってます。

内角・外角、インハイ・アウトローと幅広い配球をされるようになりましたが、それを掻い潜って長打を見せるようになってきましたんで、本物のブレークはひょっとすると間近かも知れまへん。

今季中にそういう姿を見せるようになってくれたら、今季のプロ野球の楽しみの半分はいただいたようなもんですわ。

残りの試合が楽しみです。

2017/8/12 ◯ vs 東京ヤクルトスワローズ 3-0

今日は帰省で試合の映像はまったく見られまへんでした。

ドタバタと移動してる間にスマホで経過をチェックしてたんやけど、若松と小川という先発の組み合わせにもかかわらず、私好みの投手戦になって映像を見られんのが残念でしたわ。

意外にもドラが1点リードして、それを若松が守るという展開になり、ジリジリとした緊迫感のある試合内容になったみたいやね。

この最少得点を若松が守り、最後にゲレーロが効果的なダメ押しの一発でトドメを刺して、いい勝利を挙げることができました。

昨夜のハンディキャップ戦での負けはしゃーないんで、何とか今日と明日は勝ってもらいたいと思ってましたんで、なかなか喜べる試合になって良かったですわ。

明日の吉見には、しっかり仕事してもらいたいね。

 

若松は前回の東京ドームでの醜態を見て、すぐ二軍へ戻せ!と怒ってたんやけど、小熊と違って奴はワンモア・チャンスを貰うことができました。

今日も同じ結果に終われば間違いなく二軍行きやったと思うけど、そこで奴は踏ん張りを見せましたな。

一番しんどい、たった1点のみのリードを終盤まで守って今季初勝利

二軍でも当初結果を出せず、シーズン後半になるまでひたすら下半身強化に勤しんでたらしいですが、一軍昇格二戦目にようやくその成果を見せてくれました。

7回には無死一三塁という絶体絶命の大ピンチを迎えましたが、坂口、大松と討ち取って脱出。

とくに大松に対してはボールが先行して3-1となっただけに、四球を与えればバレンティンを打席に迎えるという窮地を迎えるかどうかの瀬戸際にまで追い詰められたところから、よく切り抜けたと思います。

今日の奴の投球は見事過ぎたけど、この内容が安定するかどうかが問題です。

次もしっかりと結果を出してもらいたいね。

2017/8/11 ● vs 東京ヤクルトスワローズ 2-10

 

昨日の時点で書いてたんやけど、八木を早々に降ろしてリリーフ陣を消耗させることで、ドラは今日の勝機と引き換えにしてたのよね。

しかもバルデスは最近の投球内容が悪く、今日も大量失点することはある程度計算されていただけに、先発が続けて崩れながらも一つは勝てたという結果に満足すべきなんでしょう。

とりあえずリリーフ陣を休ませることができたのは、前向きな結果やと思いますが、先発投手にロクなメンツがおらんので、これからもリリーフ陣のスクランブルは続くんやろなぁ…。

あ~、ウンザリ。

それにしても個人的には、ゲレーロにぶつけられたのを未だに根に持ってますんで、バレンティンに好き勝手されてるのが腹立ちますわ。

キレイに攻めても打たれてるんやから、もっと厳しく対応せんとアカンやん。

お人好しもええ加減にせぇよ。

 

さっきも書きましたが、バルデスをローテーションから外さず投げさせてますが、実は夏場に入って奴はずっと良くないのよね。

月間防御率が3~4月:1.74、5月:4.03、6月:2.54とここまでは軸としての活躍やったけど、7月:5.01、8月:7.50とずっと調子が上がってまへん。

二軍から抜擢できる投手もおらんため、やむを得ずローテーションで起用し続けてきましたが、そろそろ決断せなあかんのと違うか。

休養取らせて調子が上がるなら、今後もイニング・イーターとしての活躍は期待できるけど、もしそれだめダメなら今オフには見極めが必要になるやろね。

 

昨日、期待するという書き込みをした京田と大島は、今日はそろってノーヒット。

京田は5安打して以来ノーヒット、大島はずっと不調でサヨナラ打でも持ち直すことはなし。

クリーンアップは最低限の働きはしてるのに、チャンスメーカーが機能せんために得点力が上がりまへん。

体力的に厳しくなってきたのは確かでしょうけど、ここでひと踏ん張りして欲しいなぁ。

とくに大島もずっと.320台をキープしてきたのが、そろそろ三割の維持すら尻に火がついてきたんで、危機感は強いと思うんやけどねぇ。

何とか早く復調して欲しいもんです。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/8/10 ○ vs 広島東洋カープ 6-5x

 

今日は2イニングで先発の八木を早々に降ろして、継投で勝ちに行った時点で、ドラとしては勝たなアカン試合になりました。

リリーフにそれぞれ2イニングづつ投げさせる消耗戦に突入しながら、それでも負けてしまったら単にリリーフ陣を疲弊させて、明日の起用を難しくしただけになってしまう。

それだけにあの時点で八木を代えたというのは、結構重要な判断やったと思うのよね。

今日の最低限のミッションとなった勝利を手にしたものの、リリーフ陣が明日どれだけ使えるのか分からなくなっただけに、あの判断が正しかったのかどうかははっきりしまへん。

しかし首位チームに三連戦を勝ち越して、チームを勢いに乗せることを意図したのであれば、その目的は達成されたのかも知れまへん。

今日の勝利をムダにせんためにも、明日は最近調子の上がらん先発・バルデスが、できるだけ長いイニングを投げてリリーフ陣を助けてもらいたいね。

頑張れ。

 

先発の八木は四死球がことごとく失点に繋がる、最悪のパターンで大量失点したため、もう今日の勝ち目はほとんどないと誰しも感じたと思うんやけどな。

しかし後を継いだ祖父江と伊藤準規が、非常に頑張ってそれぞれ2イニングを頑張ってくれました。

とくに一時期調子を落としていた伊藤は、例によって突然の制球難で連続四球を出しながら、一方で3三振も奪う投球で強力打線をねじ伏せました。

これで防御率は1.60まで下がり、いよいよ不可欠なピースに戻りつつあります。

このままシーズンが終わるまで、今の役割をしっかり果たしてもらいたいね。

 

最後に決めたのは大島でしたな。

ここんとこ結果を出せず、打率も急降下してるような状態でしたが、肝心な場面ではやっと決めてくれました。

奴は昨季もケガの影響からか、夏場に成績を落としていただけに、これをキッカケに復調してくれると嬉しいね。

1番・京田、2番・大島のコンビが調子全開になれば、打線の破壊力はかなり上がってくると思います。

これからを楽しみにしたいですわ。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/8/9 ○ vs 広島東洋カープ 7-1

 

東京ドームから今の打順を組み始めましたが、これは首脳陣の結構な好判断やないかな。

これまでは頑なに1番・京田(あるいは大島)といった俊足ランナーを固定した後、2番には犠打要員の非力系を置いてきましたが、ここへ来て2番に大島を置くようになりました。

とにかく2番に荒木や堂上を置くと、一死を犠牲にして走者を送れるかどうかという攻撃になるため、それでチャンスを作れても大量得点は望めず、さらにそこにチャンスで打順が回ると得点確率はダダ下がり。

2番・マギーが大当たりした読売のように、今の野球界の潮流は2番打者・最強説が台頭しつつあり、旧態依然の2番打者のイメージを守り続けるドラはそれに取り残されてきてるのよね。

ちなみに黄金期のドラは、井端はスラッガーではなかったものの、カープ・菊池のように打って走って送れるマルチプレーヤーであり、OPS.800を超えたこともある好打者を2番に据えてました。

要するに上位に打力のない選手を置くのは自殺行為であり、そういう意味ではドラの打者で大島はジャストフィット。

続く3番・ビシエドが短い好調期を終えたようなんで、個人的にはいい打者を繰り上げて、ゲレーロ、福田、ビシエドでクリーンアップを組むのが最高やと思うんやけど、それでも悪くないラインナップでしょう。

投手陣は谷元の加入でリリーフは手厚くなりましたんで、あとはローテーションが整備されたら、遅まきながらそこそこ戦えるようになれるかも知れまへんな。

もう少し早く決断して欲しかったけど、大島はイヤがったやろね…。

まぁ、しばらく楽しく見させてもらいますわ。

 

大野は制球に苦しんでヨレヨレやったけど、打線の援護が出るまで何とか踏ん張って勝利投手をゲット。

また100球過ぎで降板したのはモノ足らんけど、今の奴はそういう投手なんで高望みは禁物でしょう。

これからも6イニングを2~3失点で抑えてくれたら、十分存在価値があると言えるやろね。

(もう口が裂けても”エース”なんて言えんけど)

この調子で次も勝って欲しいね。

 

5安打の京田が今日の局面を変えましたな。

しばらく打てない時期が続いて心配してたけど、これで一安心やろか。

内野安打に二盗、三盗と、武器である足も威力を発揮して、多くの得点に絡んでくれました。

新人として球団初の打率三割、そして新人王獲得をぜひ達成して欲しいんで、これからもっとペースアップして頑張ってもらいたい。

スターへの道を一直線に走ってや!

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/

2017/8/8 △ vs 広島東洋カープ 1-1

 

序盤であんだけボコボコとヒット打ってんのに、1点しか取れんかった時点で勝機は薄いわな。

それが野村の上手いところやと言えばそれまでやけど、それをこじ開けんことには強いチームには勝てまへん。

とくに9番打者である投手の打力(バントも含め)に、ドラは問題があると思います。

勝負どころで8番、9番が機能しないため、5番あたりからチャンスを作っても得点できんというケースがほとんどやね。

鈴木翔太はDH制を使ってる二軍では打席がないため、実戦経験が乏しいのはしゃーないけど、一軍で投げる以上はバントくらい確実にできるようになってもらわんと。

しっかり練習せぇよ。

 

感情任せに鈴木翔太を「強制送還」したと思ったら、小笠原が結果を出せずに二軍へ沈み、代わりに使った小熊や若松もロクな投球ができず、結局は頭数が足らなくなって鈴木翔太の再昇格とか泥縄やん。

しかも奴は二軍での調整登板でも四球連発、終盤に集中打を浴びるなどまったく課題は解消されずという状態で、首脳陣のご都合主義もここに極まれりとため息ついてたんやけどねぇ…。

うん、今回に関しては首脳陣の決断と、本人の努力に脱帽ですわ。

手元でピュッと伸びるストレートは威力を取り戻し、そんで課題の制球力の面でもボール先行の場面は多かったものの、カウント3-0から9球使って討ち取るなど、リーグナンバーワンのカープ打線を相手に、終盤まで無安打無四球という投球は見事でした。

圧巻なのはストレート待ちの鈴木誠也に対して内角ストレートを投げ込み、鈴木誠也がドンピシャのタイミングでスイングしたのに、打球は詰まったショートゴロという場面。

バリバリの四番打者の狙い球を投げて、力で勝ったというのが素晴らしい。

鈴木誠也としては屈辱的やったはず)

一方で実質80球というスタミナは変わっておらず、それを超えると急に投球内容が悪化してしまいましたが、それでも今日は首脳陣も我慢して7イニング投げ切れたのも大きいね。

カープ相手をこんだけ抑えたのは、ドラでは又吉くらいしかいないだけに、勝ちこそつきまへんでしたが、次を十分期待させる投球やったと思います。

次も頼むで!

 

本拠地でもカープには勝てんか。

大野に意地があるなら、明日ええところを見せてもらいたいけどな。

福田も明日はええとこで打ってくれ。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/