読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2016/9/22 ● vs 読売ジャイアンツ 3-4x

 

9回二死走者なしから逆転負けとか、さすがに気分的に勝った気でいただけにシラけたわ。

こんなに絵に書いたような負け方をすれば、東京ドームの敵役としては完璧な演者として認められるでしょうな(苦笑)。

(少々トウは立ってるけど)若竜・井領と阿部の活躍で、菅野を攻略して逆転まで持っていき、あと一人で勝利というところまで来てたのにね。

あ~、井領か阿部のヒーローインタビューを見たかったわ。

 

サヨナラ弾を食らった田島は今季頑張ったとは思うけど、終盤失速気味なのはクローザーとしての評価にはマイナスかも知れまへん。

福谷や田島がフラフラする度に、あの役割を長く果たしてきた岩瀬という投手が、いかに規格外のバケモノであったのか思い知らされます。

田島がこの失敗を引きずらず、しっかりリセットして次のリリーフで好投できるかどうかが、奴の成長のカギになると思うんやけど、福谷の二の足を踏まんことを期待しますわ。

 

福田はもう少し頭を整理せんと、次の段階へは進めんかな。

昨日はやっと最後に狙い球が合ったけど、今日は最後まで読売バッテリーに翻弄されてしまいました。

第一打席なんかはスライダーを見送ってストライク、ストレート系も見送って追い込まれてましたが、いったい何を待っていたのかと思いましたわ。

自分なりに、相手の配球を見ながら次のボールを読んでるんでしょうけど、相手の頭について行けてない印象があります。

本来なら自分の狙い球を、相手に投げさせるようになると一流なんやけどね。

オフの間に頑張ってもらいたいですな。

 

井領が菅野から2安打と、ええところを見せてくれました。

奴への入団の印象は、腰が引け気味なところがあったため、打てるコースは内角だけで、外角は右手一本で合わせるだけというものでした。

それが今日の二打席目には、かなり厳しい内角へのカットボールを、バットを折りながらも右翼線まで運ぶ二塁打とし、そんで三打席目には苦手やと思ってた外角を左へヒット。

相手が菅野だけに、この両サイドを攻略して見せた打撃は価値があったと思います。

来季に向かってこの経験を活かし、レギュラー獲りに参戦できるよう頑張ってもらいたいね。

(大島、平田と二枚も外野が抜ける可能性があるし)

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/