読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2017/5/11 ● vs 横浜DeNAベイスターズ 3-4

ホンマ、こういう負け方は萎えるね。

先発のバルデスが好投して、打線がワンチャンスで逆転したリードを必至に守り、リリーフへスイッチ…。

そしたらその途端に、あっと言う間に同点、そして逆転を食らうんやからねぇ。

こんな試合見せられたら、テレビで見てるだけで頭痛かったんやから、今日の観客は二度とナゴドに足を運ぼうとは思わんやろ。

こんなに虚しい試合を見せた責任を、首脳陣や選手たちはどう考えているのか。

「また明日!」とはよく言うけど、チームの存続すら危ぶまれるこの危機的状況では、その時々で必死な姿勢を見せんとファン離れが加速するだけやで。

ナゴドという大きな器を持ちながら、リーグで観客動員が最下位に落ちてしまった事実に、もっと危機感を抱かんとウソやと思うわ。

いつまでも自分たちの職場が安泰やと誤解したらアカンよ。

 

岡田はたまに、こういうとんでもない投球をしてしまうのよね。

誰しも調子の上がらん時はあるけど、一人で試合をぶっ壊すような投球をすると、安心してリードした場面で起用できなくなる。

もう少し調子の波を小さくしてほしいわ。

そんで逆転食らった7回には、杉山が気を抜いたような最悪の捕逸をしましたが、あれで走者三塁となって低めに投げにくくしてしまいました。

そういう微妙な投手の意識が、ひょっとすると筒香の逆転打に繋がった可能性があります。

杉山はこれで24試合で三つの捕逸となりましたが、15年61試合で四つ、16年101試合で一つと比べると、大幅に数が増えてると同時に内容的にもボーンヘッドが目立ちます。

打てず守れずの奴を、いまだに主戦として起用してるのは何なんやろ。

もっとマジメにやれと言いたいね。

 

平田はこれで5月の打撃成績が31打数3安打、打率.097と最悪の内容になってます。

左肩が開き気味にスイングすることが目立っていますが、故障でもあるんやろか。

正直なところあんなブサイクなスイングでは、主軸としての打撃は難しいと思うんやけどね。

早く復調して欲しいんやけどなぁ。

 

周平は6回の打席の内容は悪くなかったんやけどな。

内角を攻められつつ変化球も挟まれたけど、それぞれカットしてついて行って、最後は外角ストレートをしっかりスイングしてました(結果はレフトフライやったけど)。

しかし9回はパットンのストレートに、まったくついて行けまへんでした。

ああいう打撃を最後に魅せると、印象が悪くなってしまうのにね。

次のチャンスでは頑張って欲しいわ。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/