読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2017/5/2 ● vs 広島東洋カープ 4-7

今日もスタメンに荒木と藤井…(苦笑)。

連中がこれまでドラに多大な貢献をしてくれたメンバーであり、選手生活も終盤となって、幸せな幕引きをさせてやりたい気持ちは大いにある。

しかしこのチームが苦境にあり、大きな変革期に差し掛かっている今、連中に機会を与える余裕はないはずなんやけどな。

奴らを使って一つや二つ勝っても、そのためにチームの変革が遅れて、半年後や一年後にはそれ以上の星を落とすことになるんやないか。

はっきり言うと、3年後、5年後に主力になれる可能性のない選手はスタメンには不要やと、個人的には思ってます。

現状ではプロ野球界で一番弱いかも知れんチームは、一足飛びには強くなれまへん。

だからこそ三年計画で優勝を狙うような、戦力整備が必要なだけに、選手起用は将来の可能性を秘めた選手を最優先にせんといかん。

目先の1勝とか2勝は、はっきり言って度外視すべきやと考えますが、現場としてはそういうわけにはいかんのかなぁ…。

 

もう吉見はエースやなくなったんやね。

ピンチになっても簡単に失点せず、とくに試合の要所ではギアを上げて確実に抑えるのが、エース・吉見たる所以やったけど、今季の奴にはそういうクレバーさ、力強さは見られまへん。

ボールに威力がないため、いいコースに投げ込んでもカットされ、球数を要している間に甘く入ったボールを痛打される。

決め球になるボールがないため、打ち損じ待ちの投球になってるように見えますわ。

これではローテーションの軸を担うことはできまへん。

このままでは交流戦が終わるころには、ローテーションは大幅に入れ替わることになるやろね。

吉見や大野が巻き返すことができるのかどうか、心配しつつ注目したいと思います。

 

ゲレーロは敗戦に直結するエラーを連発。

しかしそれは奴の罪とは言えまへん。

奴という選手は、守備のミスをそれ以上のバットの爆発力で、カバーすることを期待されている選手です。

そういう意味では、今日の二塁打とホームランは完全復調への第一歩になる可能性がありますわ。

とくに最終打席のホームランは、今村の力のある高めのストレートを豪快に打ち返したもの。

これまでなら、空振りかファールになったコースをホームランしたというのは、本来の奴のバットに近づいてきたと思わせてくれます。

明日以降の奴に注目したいですな。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/