読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2017/4/20 ○ vs 阪神タイガース 5-2

試合中盤までは今日もまた陰々欝々とした展開やったけど、終わってみれば今季では最高の内容やったのと違うかな。

今季は勝っても今一つスッキリせんような試合ばっかりで、精神衛生に良くない日々が続いてたんやけど、今日は久々に幸せな気分でこれを書いてます(笑)。

 

忘れそうなんで先に書いときますが、大野が走らないボールを操りながら、粘って粘って6イニングを1失点で抑えたというのが大きかったね。

昨季や今季の開幕なんて、ちょっと悪いと粘りなくどんどん傷口を広げてしまいましたが、今日はいつ試合を壊すか分からんような投球をしながら、球数を要しながらもしっかり抑えて見せました。

フルシーズンこういう投球を見せてくれたら、結果もついてくるんやないやろか。

 

さて、試合展開をガラッと変えたのは、起死回生の平田の一発でしたな。

3回に渋いヒットが二本出ただけで、6回まで青柳に完璧に抑えられており、今日は完封負けやと諦観してたんやけど、あの一発で完全にムードが一変しましたわ。

ボールが二つ続いたところで一発狙いやったとの本人談やけど、打った瞬間それと分かる見事なホームランでした。

ただし、その次の詰まったヒットも同じやったけど、ヘッドが下がって下から煽るスイングなのは気になります。

高めをしっかり叩けるようなら、このままノッて行けるんやないかな。

明日も頼むで!

 

その後、井領が執念の内野安打で出塁して、二死から満塁のチャンスを掴み、そこで打者は新人の京田。

桑原のボールを思い切り引っ張ると、打球はセカンド・上本のグラブの下をすり抜けて、ライトまで届く逆転の2点タイムリー!

一二塁間の深いところへの打球やっただけに、上本が京田の足を意識してしまったんやろね。

捕球してもヒットは確実やったけど、外野まで届いたことで大きな2点目を取ることができました。

ヒットは出ても当たり損ねが多く、打率も上がらないことから非常に苦しい状況にあると思いますが、それでも首脳陣がスタメン起用し続けてることに大きな期待を感じます(私も奴には非常に期待してます)。

早く一人前のレギュラーに育ってもらいたいもんですわ。

 

そんでビシエドにも今季1号。

打球が上がらずロングヒットが出ないことから、オーバースイングになって打撃そのものを崩してたように見えるんやけど、これでやっと吹っ切れるやろか。

ただし、奴についても課題の内角への対応は、まだ答えを見せてもらってないので、それをクリアして早く4番として爆発してもらいたいもんです。

 

祖父江がプロ入り4年目、142試合目でついにプロ初勝利。

あれだけ重要な場面で投げてきたのに、勝ててなかったのは不運としか言いようがありまへんが、これからどんどんリリーフでも勝てることを期待してまっせ。

 

今日は鈴木翔太が二軍で今季初勝利。

6イニングを1安打、5三振、2四球の無失点と、ほぼ完ぺきな投球を見せてくれました。

おそらくスピードを意識し過ぎて、身体のバランスを崩してたんやろね。

それが修正されて、素晴らしいボールを投げてましたわ。

来週は一軍で初先発が見られるやろか。

楽しみです。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/