読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2017/3/31 ● vs 読売ジャイアンツ 2-6

開幕は吉見に任せたいと思ってたんやけど、新監督が選んだのは大野。

オープン戦で圧倒的な投球を見せており、かつ大野自身も立候補してたこともあって、それで正解やと納得してたんやけどねぇ…。

何やの、あれ?

粘りも何もなく、無抵抗にポロポロ失点しやがって!

チームの顔として登板したっつーのに、試合の流れをどんどん悪くする投球するとか、ホンマにないわ~。

阿部の先制ドームランはまだ交通事故として諦めるとして、3回には二死走者なしから2失点。

そんでせっかく打線が2点を返してくれたと思ったら、あっさりすぐに坂本にツーラン食らって計6失点。

4点ビハインドでのチャンスでも、打席を与えられ続投させてもらったうえに、先頭の出塁を許したところで鍵山のビッグプレーが出るなど、散々周囲からサポートしてもらってたいうのに、あの何の執念も感じられん投球はないわ。

昨季の広島戦で、無抵抗に打たれまくった投球より、今日の方が罪深いと思うくらいやで。

ストレートが走らず140kmになかなか届かない。

降板間際には130kmちょっとにまで落ち込んでたほど、今日の出来は悪かったけど、それでも何とか失点を抑えようとして、チームに必死な姿を見せて欲しかったわ。

次に同じような投球をするなら、しばらく奴の姿は見たくありまへん。

 

ビシエドは、オープン戦を通してずっと調子が悪く、タイミングが合ってもゴロしか打てまへん。

ホンマに大丈夫なんやろか。

昨季の長期スランプが春にやってきたということなのか、それともそのまま浮上しないのか…。

 

荒木もさっぱりで弱い当たりしか打てず。

ちょっと今日の打席は見たくなかったわ。

 

しかし、ええところもありました。

京田が腕をたたんで内角を初安打したのに続き、レフトの岡本の不安定なプレーを見て、レフトフライで二塁へタッチアップするクレバーさも見せてくれました。

また遠藤もマイコラスとカミネロの強いボールに対して、二塁打を二本。

課題やった内角もうまく捌いてましたわ。

そして三ツ間、オープン戦からの好調ぶりをそのまま発揮して、打者三人から二つの三振を奪う好投。

このままええところを見せ続けてくれたら、戦力になってくれるかも知れまへん。

 

とりあえず、まだシーズンは始まったばかりです。

明日は新監督が、初勝利を飾れることを期待してまっせ。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/