読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2017/3/1 オープン戦突入!

ついに本物の実戦がスタートしました。

2試合を終えて1勝1敗という結果より、投手陣の仕上がりの良さが感じられるところに、個人的には手ごたえを感じられますわ。

打線は韓国チームを相手にしてた頃より調子は下降線のようで、前評判のいいゲレーロも含めて爆発力は潜めてますが、一方で投手の方は総じて結果を出してますな。

野球はまず投手力で決まるというのが常識であり、そういう意味ではたった2試合とは言え、悪くない結果と内容やと思います。

ほぼ全員が結果を出していると、競争レベルもどんどん向上していきますんで、このまま開幕メンバーの絞り込みが難しくなるような活躍を、全員が示してくれることを期待したいね。

 

■又吉

ストレート、ストレート、スライダーといった配球から、変化球の比率を大きくした先発投手へのスタイルチェンジ。

大きな問題はなく、順調と言ってもええでしょう。

 

■福谷

ストレートの球速は140km台後半を計時しており、この時期としてはかなり速いボールは投げてたんやけど、気になるのは打者がまったく臆せずフルスイングしており、しかも一発で前に飛ばしてたことやね。

やはり数字ほどの威力はないのかも知れまへん。

 

■大野

腕は振れていてストレートの威力復活。

順調ですな。

 

■若松

何より奴の生命線は制球力であり、そういう意味で悪くない投球でした。

 

■遠藤

コンタクトの確率が上がり、さらに弱点の内角もかなり克服しつつあるように見えます。

崩されても合わせることができるし、タイミングが合えばフルスイングからの長打もある。

1番・遠藤、2番・大島なら(逆でもええけど)、かなり得点力は上がるのと違うやろか。

 

■鈴木

どうもヒジの位置が上って来まへんなぁ。

身体が開き気味になって腕が横振りになるため、ボールがシュート気味に抜ける悪癖が修正されまへん。

ウィンターリーグやキャンプ前半では、もっとバランスのいい投げ方をしてたはずなんやけど…。

ボールが抜けるためストレートに本来の威力がないし、制球も悪くなって投球を苦しくしてます。

力を入れて投げ始めたあたりから、フォームのバランスを崩してしまったのかも知れまへんが、今のままではローテーション入りは厳しいわ。

ただしこの本調子からほど遠い出来であっても、日本一チームをそこそこ抑えて見せたあたりは評価してもええんやないかな。

5イニングも任せてもらえたあたりに、首脳陣の非常に大きな期待を感じさせますんで、何とか開幕までにバランスのいいフォームを取り戻してもらいたい。

頑張れ!

 

 

 

親サイト:「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/