読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2017/2/20 キャンプ第三クール終了

©朝日新聞社f:id:kan_dra:20170220235201j:plain

 

この間、やっとキャンプが始まったかと思ってたら、もう残すは最終クールのみになってしまいました。

そしてあっという間にオープン戦へ突入していくことになります。

やってる方はしんどいんでしょうが、始まってみるとキャンプはホンマに短い。

このたった一ヶ月足らずで、今季の行く末が決まってしまうかと思うと、大事にしてもらいたいもんやね。

 

この第三クールでは練習試合が多く組まれましたが、一応すべて勝ったんやなかったかな。

初戦のハンファ戦と違って、打つ方はゲレーロ一人におんぶに抱っこで、若手のバットも湿りがちになってきましたが、投手陣の出来は総じて良かったようで、誰を残すのか悩みそうな気配があります。

何とかオープン戦の最後まで、皆に頑張ってもらいたいですな。

 

それでは目についた選手の寸評を、ごく簡単に書いてみます。

ゲレーロ

練習試合とは言え、打ちまくってますな。

内容的にも悪くないと思いますが、うまく行き過ぎて逆に半信半疑ですわ。

 

ビシエド

ヒジに故障を抱えているようで、練習試合では結果を出せず。

試合に出てるだけに大きな問題やないと思いたいけど…。

 

■遠藤

意図の見える打撃をしており、トンチンカンな打席は少ない。

弱点とされてる、内角もある程度捌いてるかな。

 

■溝脇

スイングがシャープになってるほか、守備面でも二遊間への打球で上手いプレー二つ。

 

■大野

年々、ストレートの球速が衰えて、昨季は平均140kmに行くかどうかになってましたんで、今季はストレートがよみがえるかどうかがポイント。

イーグルス戦ではこの時期で145kmまで計時したらしく、ちっょと期待できるかも知れまへん。

 

■若松

昨季の奴の不振は、フィニッシュで身体が一塁側へ流れていたように、下半身の鍛錬不足による制球難やったと思ってます。

今季は軸ブレもなくしっかり腕を振れてるように見えますんで、少しはマシな投球を見せてくれるかも知れまへん。

 

■柳

二度目の登板の方が、変化球が低めに決まって出来は良かったけど、ストレートはまだ高く浮くボールがあったかな。

開幕までにどこまで低めへの制球力を磨けるか。

 

■鈴木

昨季までストレートの平均は130km台前半、最速でやっと140kmに届くかどうかやったのに、今季はすでに最速144kmまで到達したとか。

しかし前回の登板と同様にシュート回転するボールが多かったのは問題で、本来ならもっとバランス良く投げられるはず。

逆説的に言えば、本調子にはほど遠い出来でも、それなりに投げられたのは収穫と言えるかも知れまへん。

もう一つ、練習試合の段階なのに、変化球の割合が多いように見えたのも気になりますわ。

結果を求めるのは、もう少し先でもええのと違うかな。

 

■野村

アゴを上げたフォームながら、ボールはかなり低めに集められるようになってきました。

ただし気になるのは、決め球になり得るボールが見当たらんところやろか。

空振りが取れるボールが欲しいね。

 

■三ツ間

奴を先発で使うのか、リリーフで使うのか分からんけど、あのツーシームはオモロいわ。

ロングイニングを投げるには、使える球種も制球力も足らん気がしますが、短いイニングなら期待できるんやないかな。

 

■福

ドーンと来るストレートは威力を増し、ギュッと曲がるスライダーを生かしてます。

今んとこ打者を圧倒するような投球をしてますんで、ひょっとするとローテーションに食い込んでくるかも知れまへん。

 

 

 

親サイト:「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/