読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2016/10/29 ドラフト6位・丸山 泰資(東海大)

176cm、75kg、右投右打。

地元・東邦高から東海大へ進み、ドラフト候補に浮上した最速151kmのストレートを投げる投手。

高校三年の夏には、県予選決勝で先にドラに入団した濱田と投げ合い、延長11回を投げ抜きながら敗れ、甲子園への夢は絶たれましたが、大学三年時には完全試合を達成するなど一年間で7勝1敗の好成績を挙げ、ドラフト候補として頭角を表しました。

どうやら彼の場合は、大学三年時点での評価が一番高く、四年時には肩に違和感を抱えていたため調子を崩し、今回の下位指名という結果になったようです。

と言うことは、三年時の調子を取り戻せることができれば、上位指名クラスの力があると言うことなんやろか。

 

彼が投げるボールを見ると、さすがに指にかかったストレートには威力を感じます。

安定してあの球質のボールを揃えられるなら、かなり面白い存在になれるでしょうな。

このストレートがあるだけにドロンとしたカーブは効果的で、140km台後半のストレートと110~120kmくらいのカーブの緩急は大きな武器ですな。

ただし動画を見る限り、もっとストレートで押す投球を見せて欲しいかな。

まぁ、効率よくアウトを取るためには正解なのかも知れまへんが。

 

一方でガタイだけで力量が決まるとは思わんけど、現代の野球選手としては彼は少々サイズがないような気がします。

150km級のボールを投げるというのは、身体のバネや筋肉のパワーはあるはずやけど、長いシーズンでその力を発揮し続けることができるのかどうか。

彼にとっては、プロで戦っていけるだけのフィジカルを、身に付けることが先決かも知れまへん。

 

また投球フォームを見て気になるのは、ノーワインドアップからテークバックに入る際に、グラブからボールが出て行くのがやや早く感じることかな。

早めにボールを打者に見せて、そこからの大きなテークバックも身体には隠れていないため、打者にとってはタイミングの取りやすいフォームやないかと思います。

このへんはプロ入り後に修正が必要になるかも知れまへん。

 

右肩に故障歴があるというが気になりますが、下位指名だけに周囲からのプレッシャーは大きくないはず。

伸び伸びと成長して、早く戦力になってくれることを期待してますわ。

 

 

 

親サイト:「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/