読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西竜魂「戯言」

関西出身でも、野球を知ったときからドラゴンズファン

2016/9/6 ● vs 広島東洋カープ 1-4

やっぱり首位チームの野球は違うね。

6連勝してきた勢いがどこまで通じるかと思ったら、試合前半からカープに効果的な得点をされて、早々に4点ビハインドとなってしまえばちょっと勝ち目はありまへんな。

ドラの方もヒットはそこそこ打って抵抗したんやけど、カープとは対象的に次々に併殺でチャンスを潰すなど、野球の質そのものの違いを見せつけられてしまいましたわ。

1番・大島が3安打してるのに、2番・堂上、3番・平田がノーヒットで打線は機能不全となったほか、中盤の無死一塁のチャンスは2イニング続けて併殺打

さらには唯一の決定機たる5回の無死一二塁では、大野がスリーバント失敗で無駄死に(奴はよく勝負どころでバントを失敗すしますなぁ)。

無駄なアウトを増やさない、地小さなプレーも確実に決める、などといった集中力を発揮しない限り、カープに勝つことは難しいでしょうな。

数年前まではドラがそういう野球をやってたはずなんやけど、それがすっかり失われてしまった以上、これからもう一度やり直さんと仕方ありまへん。

秋季キャンプから猛烈に練習してもらいたいもんやね。

 

また大野はマツダスタジアムで結果を出せまへんでしたな。

それなりに球威のあるボールは投げていたと思うんやけど、少しづつ甘くなったところを確実に打たれてしまいました。

2回は先制されたところまでは仕方なかったけど、石原には外角を狙ったボールが逆球となったところをタイムリーされたのは痛かったね。

わざわざ9番のジョンソンやなく8番と勝負したんやから、あそこは確実に仕留めて1点に留めなあかんかった。

続く3回にはキクマルコンビの連打と連携ミスで失点しつものの、牽制で一走の丸を刺して二死走者なし。

これでピンチは去ったと思ったら、新井に対して内角を攻め切れず、真ん中に入ったストレートをバックスクリーンへズドン。

それぞれドラにとっては、非常にダメージのある失点が続いて、完全に試合の流れを失ってしまいました。

大野には、エースと呼ばれるためのポテンシャルがあると思います。

しかし真のエースである吉見と比べて、試合の要所での対応に大きな差がありますわ。

もっとメリハリをつけて、チームを勝たせる投球をしてもらいたいもんです。

 

福田はトンチンカンな打席が減って来て、内容のある打席を見せてくれるようになってきたと思います。

今季終了までに、本物の迫力のある打撃を見せてもらいたいですな。

 

 

 

親サイト : 「関西竜魂」http://www5c.biglobe.ne.jp/~kandra/